症状から見る性病

デリケートゾーン(おまた)が痒い原因と性病の可能性

デリケートゾーン(おまた、陰部、膣)に痒みがみられる原因は主に「皮膚のかぶれ」と「菌や真菌による炎症(性感染症など)」です。特に生理中はナプキンの使用によって肌が刺激を受けて皮膚がかぶれて痒みが起こりやすいです。また、性感染症もデリケートゾーンの痒みといった症状が見られるケースが多いので性病にも注意しておきましょう。

執筆:運営本部

c5b9e1662682c8885d272c239bbf8050_s-min

デリケートゾーン(おまた)の痒みの原因

デリケートゾーン(おまた、膣、外陰部)の痒みの原因は主に”皮膚のかぶれ”と”菌による炎症”が原因です。もし、痒みが女性性器の表面のみであれば皮膚のかぶれが原因と考えられます。一方、痒みが表面だけではなく膣の中やその周辺にも広がっている場合には菌つまり性感染症による炎症が痒みの原因になっている可能性があります。

原因1.皮膚のかぶれ

皮膚がかぶれてしまうと痒みをもたらしますので、生理中は痒みが起こりやすいです。生理中は生理用ナプキンを使用するため、ナプキンの刺激によって皮膚が炎症をおこした状態つまりかぶれを引き起こしてしまいます。また、おりものシートを使っている時もナプキン同様にデリケートゾーンの皮膚に刺激を与えますので、かぶれをもたらし痒みを引き起こす原因となります。

特に、ナプキンを長時間使用していると不衛生のために余計に皮膚のかぶれが起こりやすくなります。また、激しく動いたり、スポーツをしたりする場合にはナプキンとの摩擦が大きくなるため皮膚がこすれてかぶれやすくなります。

ナプキン以外にも下着やストッキング、タイツも皮膚のかぶれの原因になります。下着は直接デリケートゾーンを刺激しますし、タイツやストッキングは下着との重ね履きになるためデリケートゾーンの通気性が悪くなり皮膚がかぶれやすくなります。特に夏場は汗もかきやすく下着の中が蒸れやすいので要注意です。

原因2.菌による炎症

デリケートゾーン(おまた)の痒みの原因のもう一つは菌や真菌による炎症です。もともと膣に存在している常在菌が増殖したり、性行為によって細菌に感染してしまうことで炎症が起き痒みを引き起こします。特に風邪や睡眠不足、ストレス、生理中などは免疫力が低下してしまうことで細菌に感染したり、常在菌が異常増殖して悪さをしたりしやすくなります。そのため免疫力が低下している時ほど痒みが起こりやすくなります。

痒みの範囲が女性性器の表面の場合は日常生活の中での皮膚の蒸れが大きな原因と考えられますが、痒みの範囲が膣の中や膣周辺まで及んでいる場合には菌による炎症が原因と考えられます。また、痒み以外にもデリケートゾーンやおりものに関する気になる症状が見られる場合は性感染症の疑いがあります。

陰部の痒みをもたらす性病

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)

菌による炎症として最も考えられるのがカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎は性感染症の一つとして考えられることもありますが、正確には性病ではありません。もちろん性行為によって感染しますし、免疫力が低下している時ほど性行為によってカンジダ膣炎を発症しやすくなりますが、カンジダ膣炎の発症は多くの場合免疫力の低下によって起こります。つまり、性行為による感染よりも自己感染の方が圧倒的に多いのです。

カンジダ膣炎は女性の約5人に1人が経験すると言われているほど女性にとっては身近な病気です。カンジダ膣炎は症状として外陰部の痒みという大きな特徴がありますので、デリケートゾーンの痒みを感じられた場合はカンジダ膣炎を疑ってみましょう。カンジダ膣炎はそのほかに「おりものの増加」「白く濁ったおりものが出る」「酒粕や粥状のおりもの」といったようにおりものの変化が見られます。

デリケートゾーンの痒みと白く濁った酒粕のようなおりものが増えたという場合にはカンジダ膣炎の可能性が高いです。

トリコモナス膣炎

カンジダ同様に陰部の痒みが大きな特徴なのがトリコモナス膣炎です。トリコモナス膣炎はカンジダ膣炎のように自己感染が主な原因ではなく、性行為による感染が主な原因です。ただ、トリコモナス膣炎はプールや温泉のような不特定多数の人が利用する水回りのところで感染する可能性があるため性行為の経験がない女性でも感染することがあります。

トリコモナス膣炎は比較的強い痒みが特徴的です。そのほかに「膿性の黄色い(黄緑色)のおりものが増える」「おりものの悪臭」といったおりものの変化が見られます。カンジダ膣炎では白く濁ったようなおりものが見られますが、トリコモナス膣炎の場合は膿のような黄色いおりものが見られます。また、悪臭をはなっていることもあります。

性器ヘルペス

痒みとともに性器周辺に水ぶくれが出来ていたり、水ぶくれが破れてただれたような潰瘍性の病変が見られる場合には性器ヘルペスの可能性が高いです。性器ヘルペスは単純ヘルペス2型に感染することで発症する性感染症で、あらゆる性行為或いは性行為に準ずる行為(素股など)によって感染するおそれがあります。

症状が陰部の痒みだけであれば性器ヘルペスの心配はありませんが、性器ヘルペス特有の病変である水ぶくれがある場合には性器ヘルペスである可能性が非常に高いので検査を受けておきましょう。性器ヘルペスは感染してから数年後に症状が現れる場合もありますので、感染の疑いがある行為が直近にない場合であっても油断はできません。

尖圭コンジローマ

痒みとともにイボが出来ている場合には尖圭コンジローマの可能性が高いです。尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスに感染することで発症する性感染症です。尖圭コンジローマの症状の特徴は性器或いは性器周辺、肛門などにカリフラワー状のイボが出来ることです。イボはなかなか自分では確認出来ない場所に出来ている可能性もありますので、イボが確認できないから大丈夫と油断してはいけません。

尖圭コンジローマはその他の性感染症同様にあらゆる性行為で感染する可能性がありますので、性行為の経験がある場合には感染の可能性があります。症状は感染から3週間から8カ月ぐらいの潜伏期間を経て現れることになります。もし、デリケートゾーンに痒みがあり、そこにイボが出来てしまっている場合には尖圭コンジローマの疑いがありますので、早めに検査を受けておきましょう。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー