性病検査

尿検査で分かる性病

尿検査で分かる性病はクラミジア(性器)、淋病(性器)、トリコモナスです。ただ、女性の場合は尿検査では性病を調べることは出来ません。また、学校や会社で行うような健康診断の尿検査、病院で行う一般的な尿検査では性病は分かりません。性病を調べるためには性病検査の項目が含まれる尿検査が必要です。

執筆:運営本部

ad4e31eb6d3e249c03a5828a2966709c_s-min

尿検査で分かる性病一覧

尿検査で発覚する性病
クラミジア(性器) 淋病(性器) トリコモナス

クラミジア

日本で一番感染者数が多い性病クラミジアは、男性の場合は尿検査で分かります。クラミジアの検査は女性は膣分泌物の検査を実施するため、女性はクラミジア感染を調べることが出来ませんが、男性の場合は尿検査でクラミジア感染を調べることが出来ます。

クラミジアの病原菌であるクラミジア・トラコマチスは男性の尿道口から侵入し尿道の粘膜に感染します。そしてクラミジア性尿道炎(非淋菌性尿道炎)を起こし、「尿道が痒い」「尿道の違和感」「尿道から水っぽい膿が出る」「排尿時の痛み」といった症状を引き起こします。

また、クラミジアは性器だけではなく、オーラルセックスによって咽頭(のど)にも感染します。咽頭感染の場合は性器クラミジアと区別して咽頭クラミジアと呼びます。残念ながら、咽頭クラミジアは尿検査では調べることが出来ません。咽頭クラミジアを調べる際は咽頭(のど)検査が別に必要です。

淋病(淋菌)

淋病は男性に多い性病です。淋病もクラミジア同様に、男性の場合は尿検査を実施します。淋病の病原菌である淋菌はクラミジア・トラコマチス同様に性行為によって尿道口から尿道内に侵入します。そこで淋菌性尿道炎を引き起こします。感染している場合、尿の出始めに淋菌が多く存在しているため、尿の出始めを採取することで淋病を見つけることが出来ます。ただ、女性の場合は尿検査ではなく、クラミジア同様に膣分泌物の検査を実施します。尿検査では、淋病を正確に見つけることが出来ません。

淋病に感染していると、男性の場合はクラミジアよりも強い症状が出ます。クラミジア同様に尿道炎を引き起こすため、症状は「尿道の痒み」「尿道から膿が出る」「排尿時痛」など似ているものの、症状は強く現れる事が多いです。淋病ははっきりと症状が現れるため、これらの症状がある場合は早めに検査を受けましょう。検査は尿検査でいたって簡単です。

また、クラミジア同様に淋病も咽頭(のど)にも感染する性病です。咽頭感染の淋病は咽頭淋病と呼びます。咽頭クラミジアは咽頭検査を実施するように、咽頭淋病も調べる際は咽頭検査が必要です。尿検査では咽頭の淋病感染を調べることは出来ません。

トリコモナス

トリコモナスはクラミジア・淋病同様に男性の場合は尿検査で調べることが出来ます。トリコモナスは0.1mmぐらいの小さな虫です。この小さな虫が性行為によって尿道に感染し、尿道炎や前立腺炎などを引き起こします。トリコモナスは尿や精液、前立腺液の中にいるため、男性の場合は尿検査で分かります。女性の場合は尿検査では調べることが出来ず、膣分泌物の検査が必要です。

トリコモナスは感染していると男性の場合は、「泡状の膿が出る」「排尿時に痛みがある」「頻尿になる」などの症状が見られます。また、自覚症状が無い事も多いです。もし、これらの症状が見られる場合には尿検査を受けて早めに治療を受けるようにしましょう。

健康診断の尿検査で性病が分かる??

学校や会社の検査で発覚する??

学校の健康診断や会社の定期健診で行う尿検査で性病が発覚することはありません。一般的な尿検査は尿中のタンパク、ぶどう糖、血球、結晶、細菌などの異常値があるかどうかを調べているだけです。健康診断で行うような尿検査では、当然ながら性病検査の項目は含まれていません。そのため、学校や会社の尿検査で性病が発覚することはありません。男性、女性ともに同じです。

健康診断で行う尿検査は性病を発見するためではなく、タンパクや糖、血などの値を調べ肝機能障害や腎機能障害、尿管結石、糖尿病などにつながる異常がないかどうかを調べるのが目的です。そのため、「学校の検査で性病が発覚するのがこわい」という方も安心してください。学校の検査で性病項目が含まれる事はありません。

過去の尿検査で問題がなかったら大丈夫??

男性の場合はクラミジア、淋病、トリコモナスは尿検査で調べる事が出来ます。そのため、「過去に尿検査を受けて異常はなかったから大丈夫」と判断してしまう人もいます。しかし、過去の尿検査或いは直近の尿検査で異常が無かったから大丈夫という事はありません。

学校や会社で行う健康診断の尿検査や、その他の病気を調べるための尿検査では、性病の検査項目は含まれていないため、性病があっても見つける事は出来ません。そのため、性病検査ではない尿検査をいくら実施していて、その検査が問題なかったとしても、性病に感染している可能性が無いという事は決してありません。一般的な尿検査と性病のための尿検査は別ものです。そのため、性病かどうかは性病の尿検査を実施しないと分かりません。過去の尿検査で異常がなかったからと安心せず、性病の不安がある方は性病検査を受けておきましょう。クラミジアや淋病、トリコモナスは男性の場合は尿検査だけで済みますので、身体的な負担はほとんどありません。

当然ながら、女性の場合も普通の尿検査で問題がなかったから性病に感染していないという事はありません。女性も同様に性病を調べるためには性病検査が必要です。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー