性病検査

性病検査で陽性反応が出た場合の正しい行動

性病検査で陽性反応が出た場合には出来るだけ早くに治療を受けることが大切です。また、他の性病感染を見逃さないためにもその他の性病感染の検査を受けておくことも大切です。さらに治療が完治するまで性行為を控えるといった正しい行動を取るように心がけましょう。

執筆:運営本部

bc6de0d61e1bb68df98e427c20c4f93a_s-min

性病検査で陽性反応が出た時の対策

早期に治療を始める

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s-min
性病検査で陽性反応が出た場合は早期に治療を始めることが何より重要です。性病はそのまま放置しておいても自然治癒することはありません。放置しておくと女性の場合、感染が広がっていき不妊症になったり、男性の場合も男性不妊症になったり前立腺炎や副睾丸炎の原因になったりします。そのため、陽性反応で性病への感染が発覚した場合はすぐにでも医療機関で治療を受けるようにしましょう。

クラミジアや淋菌であれば内服薬を服用することで1~2週間程で治すことが出来ますし、不治の病と言われた梅毒も現在では医療技術の進歩により早期治療を行うことで完治させることが出来るようになっています。HIVに関しては現在の医療では完全に体から排除することは出来ませんが、エイズ発症を遅らせ日常生活に支障が出ないように治療することも可能になっています。性感染症は治療が遅れると厄介な事になることがありますが、早期発見し早期に治療を受ければ数日から数週間程で完治させることが出来るものも多いため、出来るだけ早くに治療を受けておきましょう。

念のために他の検査も受けておく

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s-min
陽性反応が出た場合、他にも複数の検査を受けていれば問題はありませんが、HIV或いはクラミジアや淋菌のみの検査しか受けていないという場合は注意が必要です。

もし、一つの項目或いは二つの項目しか検査を受けていないのであれば、捻のために他の項目に関しても検査を受けておくようにしましょう。性病は感染していると他の性病の感染率を高めてしまいます。そのため、一つの性病に感染してしまっていると、他の性病にも同時に感染してしまっているケースが多いのです。そういった事から、もし性病検査で何かの陽性反応が出た場合には、念のために他の性病に関しても早期に検査を受けておくようにしましょう。

完治まで性行為を控える

93d6913da963d3f66cf705fb653660d0_s-min
性病の感染が分かった場合は、性行為を控えるようにしてください。感染している状態でパートナーと性行為をしてしまうと相手に性病を感染させてしまう恐れがあります。また、感染中の性行為のリスクは相手に性病を移してしまうだけではありません。他の性病をもらってしまうリスクが高まるのです。

感染中は他の性病に感染する確率が高くなります。特にクラミジアや淋菌に感染しているとHIVに感染する確率が2から3倍に膨れ上がるとも言われています。このように、性病に感染してしまっている状態では、そのほかの性病にも感染してしまうリスクが格段に高くなってしまうため、陽性反応が出たらすぐにでも性行為を控えるようにしてください。

また、仮にパートナーが性病を持っていなかったとしてもピンポン感染で再び自分に戻ってくる可能性があります。治療中にパートナーに性病を移してしまい、治療後(完治後)にそのパートナーと性行為をすることで、再び自分に性病が戻ってくるという事が考えられます。そのため、ピンポン感染を防ぐためにも陽性反応が出た後は完治まで控えることが大切です。

治療を受ける医療機関の探し方

病院で陽性反応が出た場合

64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_s-min
泌尿器科、産婦人科、性病科といった病院における性病検査にて陽性反応が出た場合にはそちらの病院で治療を受けると良いでしょう。保健所や検査キットでの陽性反応が出た場合とは違って、検査を実施してくれた場所ですぐに治療を受けることが出来る環境が整っているため、その病院ですぐに治療を受けるようにしましょう。

HIVの陽性反応が出た場合にはHIVの治療を受ける事になりますが、HIVの治療は国に定められたエイズ治療拠点病院で治療を受けることになります。検査結果によってHIVの感染が確定すれば、全国にあるエイズ治療拠点病院の中から近くにある病院を紹介されると思いますので、そちらで治療を受けるようにしてください。

保健所で陽性反応が出た場合

297c0c13045f488881b29b7e6d142be1_s-min
保健所で陽性反応が出た場合、保健所で治療を行うことは出来ませんので男性であれば泌尿器科、女性であれば産婦人科或いは性病科のある病院で治療を受ける事になります。

各保健所によって病院を紹介してくれたり、病院は自分で探す必要があったりと対応は違います。いずれにせ陽性反応が出た場合には病院で早期に治療を受けるようにしましょう。また、HIVに感染している場合はエイズ治療拠点病院で治療を受けることになります。

検査キットで陽性反応が出た場合

1941938c691ca7e658a2ad5b1bdb29b1_s-min
自宅で性病検査を受けることが出来る検査キットで陽性反応が出た場合には、各検査キットの協力医療機関から近くの病院を探してみましょう。各検査キットには全国各地に提携病院があり、その提携先の病院であれば検査キットの検査結果を踏まえスムーズに診察・治療を受けることが出来ます。

提携病院ではなく、自分で自ら病院を選ぶことも出来ますが、提携病院ではない場合は再度検査を受ける必要があるため二度手間になってしまう可能性があります。そのため、検査キットを利用している場合は二度手間にならずスムーズに治療を受けることが出来る提携病院を利用する方がオススメです。提携病院の数は各性病検査キットによって違いがあります。そのため、性病検査キット選びでは、出来るだけ全国各地に多くの提携病院が用意されている会社を選ぶことも大切です。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー