性病検査

知っておきたい性病検査キットのデメリット

性病検査キットは必ずしも信頼性があるものではありません。性病検査キットはメリットもある一方でデメリットが多く存在しています。そのデメリットを理解していないまま購入してしまうと大きな後悔につながります。そのため、事前にしっかり問題点を理解しておきましょう。

執筆:運営本部

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s-min

信頼性における問題点

郵送式検査キット 自己検査キット
販売 国内 海外
検体採取 本人 本人
検体検査 専門機関 本人
結果判定 専門機関 本人
信頼性 信頼出来る 信頼出来ない

自己完結型の検査キットは信頼できない

性病の検査キットは検体の採取から検査・結果判定まで個人で出来る「自己検査キット」と、検体の採取は個人で検体の検査・結果判定は専門機関にお願いする「郵送式検査キット」の2種類があります。

「自己検査キット」は残念ながら信頼出来るものではありません。自己検査キットは検体の採取から検体の検査そして結果の判定まで本人が行います。つまり、検体の採取から結果判定まで素人が行うという事です。これは非常に危険です。

検査キットの判定の質は向上しているものの、専門機関による詳しい検査を実施せず簡易的な検査キットで感染結果の判定を行うと偽陽性や偽陰性が高くなります。偽陽性であれば、すぐに病院で再検査を受ければ問題はありません。ただ、陽性でありながら陰性が出てしまったら大変です。偽陰性の場合、感染してしまっている性病は長い間放置してしまう事になります。性病は感染を放置しておくと、感染が広がっていき様々な病気を引き起こすものがあります。

特にHIV感染は放置しておくとエイズが発症してしまい、治療が遅れれば遅れるほど大変になってしまいます。そのため、偽陰性が出てしまう恐れの高い自己検査キットはオススメ出来ません。

郵送式検査キットを選ばないと意味が無い

病院 保険所 郵送式検査キット 自己検査キット
登録衛生検査所
(臨床検査技師)
登録衛生検査所
(臨床検査技師)
登録衛生検査所
(臨床検査技師)
本人

検査キットで唯一信頼出来るのは、郵送式検査キットです。自己検査キットは信頼できるものではありません。郵送式検査キットは、検体(尿や血液、オリモノ等)の採取自体は個人が行うものの、検体の検査・結果の判定自体は検査専門機関が行います。

郵送式検査キットの検査を実施しているのは、登録衛生検査所です。登録衛生検査所とは、臨床検査に関する法律で定められた施設基準と検査体制を満たし、各都道府県知事に衛生検査所としての登録を認められた公的な専門機関の事です。登録衛生検査所は、病院や保健所で採取された血液や尿等の検体の検査業務を行っています。

検査施設を保有する大きい病院ではなく、検査施設を保有していない病院は、この登録衛生検査所に検査を委託しているのです。性病に関わらず様々な病気の診断のために医療機関から集まってきた検体の検査を担っているのです。保健所もHIVや梅毒、クラミジア等の検査では、採取した血液や尿・オリモノ等を登録衛生検査所に郵送し、検査を委託しています。

このように、登録衛生検査所は病院や保健所からの検査依頼を受け、検査を実施する検査の専門機関です。郵送式検査キットは、個人が採取した検体を登録衛生検査所に郵送しています。つまり、郵送式検査キットの場合は、検査自体は病院や保健所とまったく変わらない形で行われているのです。

個人完結型の個人検査キットは検査は素人の個人が行う一方、郵送式検査キットは検査自体は病院や保健所同様に登録衛生検査所のプロである臨床検査技師が担当します。そのため、郵送式検査キットは信頼性が高いもので、個人検査キットとは比べ物になりません。

使い方次第では正しい結果が出ないことも・・・

正しい結果が出ない要因
採取の仕方が間違っている ウインドウピリオドを理解していない

検査キットの場合、使い方次第では正しい結果が出ない事もあります。その要因の一つは、採取の仕方が間違っている事です。検査キットは検体の採取は個人で行います。病院や保健所の場合、検体の採取も専門の医師や看護師が担当します。そのため、検体の採取で間違いが起こる事はありません。しかし、検査キットの場合は素人の個人が検体の採取を行うため、正しく必要な検体を採取出来ない場合があります。

性病検査で採取する検体は主に、血液、尿(男性)、オリモノ(女性)などです。検査キットでは検体の採取方法を詳しく説明していますが、指定のろ紙にしっかり血液を付けていなかったり、病原菌が存在する出始めの尿ではなく菌がほとんど存在しない終わりの尿を採取してしまったり、間違った箇所のオリモノを採取してしまったりといった事が原因で正確な結果が出ない可能性もあります。そのため、検査キットを使用する際は、事前に説明書をしっかり読む事が大切です。

また、各性病にはウインドウピリオドが存在します。ウインドウピリオドとは、感染後検査を実施しても検出出来ない期間の事です。性病検査では、各性病にウインドウピリオドが存在するため、感染後に必要な期間を置いてから検査を受ける必要があります。HIVであれば2~3カ月、淋病やクラミジアであれば2~3日など各性病で違います。

このウインドウピリオドを理解せず、病原菌を検出出来ない期間に早まって検査を実施してしまっては正確な検査が出ません。つまり、信頼性の内結果が出てしまうのです。それを防ぐため、しっかりウインドウピリオドを理解した上で検査を実施しましょう。

性病検査キットの大きなデメリット

TP抗体保持者には梅毒検査キットは意味が無い

過去に梅毒に感染し、既に体の中に梅毒トレポネーマ・パリダム(TP)の抗体を持っているTP抗体保持者は梅毒検査キットを利用しても意味がありません。梅毒検査キットでは残念ながら、今感染しているかどうかの信頼性がある結果は分かりません。

TP抗体保持者の場合
STS法 TP法 判定
陰性 陽性 現在の感染なし
陽性 陽性 梅毒感染又は偽陽性

梅毒検査ではカルジオリピン抗体を調べるSTS検査(RPR法、ガラス板法、凝集法等)とTP抗体を調べるTP法(TPHA法、TPFA法等)の2種類を併用します。過去に梅毒に感染した経験がある人は、体の中にTP抗体があるためTP法では陽性反応が出ます。そのため、TP抗体保持者はSTS検査が重要になります。STS検査で陰性であれば、感染の心配はありません。STS検査で陽性の場合は梅毒感染もしくはSTS検査の偽陽性が疑われます。

過去に梅毒に感染していない人は、体の中に梅毒の抗体であるTP抗体が存在すれば、梅毒感染である事が分かります。そのため、TP法は重要な検査になります。しかし、過去に梅毒に感染している人はTP抗体が既にあるためTP法では、今現在梅毒に感染しているかいなかに関わらず陽性反応が出ます。そのため、TP検査は意味をなさず、STS検査が大変重要な検査になります。

しかし、残念ながら梅毒検査キットの検査方法はTP法です。過去に感染した事がない人はTP法で梅毒感染を調べることが出来ますが、過去に感染している人はTP法では意味が無いため、梅毒検査キットは約に立たないのです。

二度手間になってしまう事がある

病院 保健所 検査キット
検査

陽性反応

治療
検査

陽性反応

病院

治療
検査

陽性反応

病院

再検査

陽性反応

治療

性病検査キットで陽性反応が出た場合は、病院で再検査を実施します。性病検査キットによっては、提携先病院が用意されている場合もあります。提携先病院では検査キットの結果を受けて、迅速に治療が開始されるため、検査キットの治療後に再び同じ検査を病院で別途行うといった二度手間がかかる事はありません。

しかし、検査キットの提携病院ではなく、近くの普通の病院に行った際は基本的に再度同じ検査を実施することになります。例えば、クラミジアの検査キットで陽性反応が出て、病院で治療を受けようと思っても、すぐに治療は出来ません。病院では、検査キットの結果は取りあえず横においておいて同じ検査を実施します。そのため、結果的に検査キットの検査が無駄になってしまう事があります。また、二度検査を実施する事になるため、治療を受けるのがやや遅くなります。

病院で検査を実施する場合は「検査⇒陽性反応⇒治療」という流れになりますが、検査キットの場合は「検査⇒陽性反応⇒病院で検査⇒陽性反応⇒治療」という流れになります。検査キット会社の提携先の場合は「検査⇒陽性反応⇒治療(提携先病院)」という流れで一般的な病院での検査から治療の流れは変わりません。しかし、提携先を利用せずふつうの病院を選択する場合は、最初の検査キットの検査から治療を受けるまでのプロセスがやや長くなっています。

「症状はわらかないけど性病感染が不安」「とりあえず検査を受けておきたい」「何か感染しているかもしれない」といったように明確な自覚症状が無かったり、どの性病に感染しているのか分からなかったり、取りあえず検査を受けてみたいという場合は性病検査キットで十分でしょう。ただ、はっきりとクラミジアに感染している、梅毒の症状がはっきり出ているというような場合は検査キットを選ぶのではなく、すぐに病院に行くべきです。検査キットではやや治療までのプロセスが長く、治療を受けるのが遅くなります。そのため、はっきり感染している事が分かっているような場合はすぐに病院に行き、検査を受け、早急に治療を開始するべきです。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー