性病検査

性病検査キットの結果は本当に信頼出来る??

性病の郵送検査キットは信頼性があるのかどうか気になるところです。確かに誤った方法で検体を採取してしまうと信頼出来ない結果になってしまう可能性もあります。しかし、検査は病院や保健所と同じ公的な専門機関(登録衛生検査所)が実施しているため、検査結果の信頼性は病院とまったく同じです。病院も同じように登録衛生検査所に検査を委託しているため、検査結果はどちらでも同じになります。

執筆:運営本部

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s-min

郵送検査キットの信頼性

病院 検査キット
病院で検体採取

登録衛生検査所へ郵送

検査実施

病院に検査結果通知
自宅で検体採取

登録衛生検査所へ郵送

検査実施

個人に検査結果通知

正しく検体を採取出来ないと正しい結果が出ない場合がある

病院 検査キット
検体の採取 医師 個人

病院の場合は医師或いは看護師が検査に必要な検体を採取する事になります。クラミジアや淋菌の検査の場合、女性なら膣の分泌物(オリモノ)を採取、男性なら尿を採取します。男性の場合は病院での尿の採取は個人で行うため、検査キットと採取方法は違いませんが、女性の場合は病院だ医師が採取してくれます。検査キットの場合は個人で採取することになります。

そのため、個人で検体を採取する検査キットの場合、正しく検体を採取出来ないと正しい結果が出ない場合があります。例えば、男性の場合は出始めの尿を採取する必要がありますが、間違って出始めではなく、終わりの方の尿を採取してしまったりすると、クラミジアや淋菌が検出出来ない場合があります。女性も、膣内に綿棒のような器具を入れて、十分に分泌物を採取出来ていないと、クラミジアや淋菌を見逃してしまう可能性があります。

検査キットは、正しく使えば、検査に必要な検体を簡単に採取出来ます。素人の個人でも簡単に採取出来るように作られています。ただ、使用前に正しい使い方を理解せず、適当に済ませてしまうと信頼出来ない結果になってしまう事もあるのです。

検査は病院と同じ登録衛生検査所という専門機関が実施

病院 検査キット
検査機関 登録衛生検査所 登録衛生検査所

病院で行う検査は正確な検査が実施され、検査キットの検査は簡易的な検査が実施されていると誤解している人もいます。なんとなく、病院の方が信頼性が高い検査を実施していると思っていませんか。実は、病院も保健所も、検査キットも検査を実施している場所は同じです。

病院は院内で採取した検体を登録衛生検査所という検査の専門機関に郵送して検査を委託しています。病院内にクラミジアや淋菌、HIVを検査するための精密な検査施設が整っている場合は病院内で実施しますが、多くの病院はそのような施設を自前で持っていませんので専門機関へ郵送しています。

その専門機関とは登録衛生検査所です。登録衛生検査所は検査の公的な専門機関です。各病院、保健所から精密な検査依頼を受けて、様々な検査を実施しているのです。実は、検査キットも病院と同じように、お客さんから郵送されてきた検体は登録衛生検査所に郵送して検査を依頼しているのです。そのため、検査を実施している機関は同じです。もちろん、検査を実施する施設や検査機器が同じため、検査結果は病院や保健所と同じです。検査キットが病院に比べて検査の信頼性が劣るという事はありません。

また、検査キットの運営元は登録検査衛生所というところが多いです。つまり、検査キットは国から認められている国内唯一の検査専門機関が運営しているサービスなのです。

検査方法はPCR法が主流のため安心出来る

病院 検査キット
通常検査 即日検査
検査方法 RCR法 IC法 PCR法

性病の中でも、感染者数が多いのがクラミジアです。クラミジアの検査は主にPCR法とIC法があります。

PCR法は病院で最も多く採用されている検査方法です。PCR法は、検体の中にクラミジアが少なくとも、そのクラミジアを増やす事で検出精度を高めます。そのため、従来は見逃してしまうような微量のクラミジアでも見逃す事なく検出出来ます。検査精度が高く、正確な検査を実施出来るため、病院の検査はPCR法が主流になっています。そのため、病院から委託を受けた登録衛生検査所は、送られてきた検体をPCR法によって調べているのです。

また、IC法は病院や保健所の即日検査で採用されている方法です。IC法は短時間で結果が出る迅速な検査です。ただ、陽性一致率が悪く、微量のクラミジアを見逃してしまうリスクがあります。そのため、IC法よりもPCR法の検査の方が信頼性が高い検査と言われています。

検査キットは検体の検査方法はPCR法が主流です。陽性一致率の悪いIC法を採用している検査キットはほぼありません。PCR法又は同じく同じく検査精度が高いSDA法やRT-PCR法を採用しているところがほとんどです。そのため、検査の信頼性においては全く問題ありません。

検査キットで正確な結果を得るために大切な事

取り扱い説明書をしっかり読む

検査キットは、検体の検査自体は専門機関である登録衛生検査所が実施しているため問題はありません。正しく、検体を採取すれば病院と検査結果が異なるという事にはなりません。ただ、検体を採る方法が間違っていると、信頼出来る結果が返ってこない可能性があります。

それを防ぐためには、必ず取り扱い説明書を読み、検体の採取方法を熟知した上で検体の採取を実施しましょう。取り扱い説明書は何も難しい事が書いている訳ではありません。検体を採取する上で大切な要点を書いてくれています。しっかり、説明書を読んでおけば、検体の採取は難しいものではありません。検査キットは未成年の方でも利用できるように、分かりやすく、簡単に出来るように作られています。

購入前に検査方法や登録衛生検査所の確認をしよう

検査キットを購入する前にも、出来れば信頼出来る検査キットなのか確認しておきましょう。その際にチェックすべきは「検査方法」と検査を実施する「登録衛生検査所」の確認です。信頼出来る検査キットは、どの検査方法を採用しているのか「PCR法」「RT-PCR法」「SDA法」などの記載があります。また、検査を実施している登録衛生検査所は、どの都道府県の検査所なのかも記載しています。それらを記載していない検査キットは信頼出来ないという訳ではありませんが、しっかり記載している検査キットの方が信頼できるのは確かです。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー