性病検査

性病検査で気になる”痛い”検査方法はコレ!!

性病検査では痛みを伴う検査があります。主に、血液検査、尿道検査、喉粘膜検査(咽頭検査)では、実施する検査方法によって痛い思いをする場合があります。痛い思いを出来るだけしたくない方は、痛みを伴う検査方法と伴わない検査方法を知っておく事が大切です。

執筆:運営本部

6152632eab166caa0d53a5c16750fcfe_s-min

性病検査で痛みを伴う検査

血液検査

血液検査を実施する性病
HIV 梅毒 クラミジア
性器ヘルペス B型肝炎 C型肝炎

性病検査で痛みを伴う検査として代表的なのが「血液検査」です。血液検査は注射針を使い、体内から血液を採取します。注射針に対して、抵抗が全くいない人もいますが、強く抵抗を感じる人も多いです。注射が平気な人にとっては「チクッ」とする程度のものでしかないため、血液検査が痛い検査だという認識はほとんどありません。

しかし、注射がどうしても苦手だという人にとっては単なるチクッとする程度のものではありません。注射針に対する恐怖心もあるため、なかなか苦痛を感じる検査となります。ただ、本当に痛みは「チクッ」とする程度も弱いものです。そのため、血液検査は性病検査で代表的な検査ですが、それほど心配する必要性はない検査と言えます。

どうしても病院で受ける採血が苦手という方は「ランセット」を利用すると良いです。ランセットとは自分で簡単に血液を採取する器具です。小さな針が出てきて指先から血液を採取出来ます。ランセットは自分で検査が実施出来る検査キットに入っています。そのため、病院の注射針による採血が苦手な方は検査キットを利用してみると良いでしょう。

また、主に血液検査を実施する性病は「HIV」「梅毒」「B型肝炎」「C型肝炎」です。場合によっては「クラミジア」「性器ヘルペス」の場合も血液検査を実施する場合もありますが、クラミジアや性器ヘルペスは血液検査では感染部位を特定させたり、今現在感染しているのかどうか特定出来ないため、クラミジアは尿検査・オリモノ検査、性器ヘルペスは病変部の組織を採取して顕微鏡検査を実施するのが一般的です。

尿道の検査

尿道検査を実施する性病
性器クラミジア 性器淋病

性器クラミジア、性器淋病の感染を調べる場合、尿道内にクラミジアや淋病の菌が存在しているかどうかを調べます。女性の場合は尿道内ではなく、膣分泌物内に菌が存在しているかどうかを調べるため、尿道検査を実施するのは男性のみです。

尿道にクラミジアや淋病の菌がいるかどうかを調べるために、綿棒による採取が行われる場合があります。細長し綿棒の先を尿道口に入れ、尿道内の粘膜を採取する方法です。この方法によってクラミジアや淋菌がいるかどうかが分かるわけですが、この検査は痛みを伴う事があります。尿道口に綿棒の先を入れるため、検査時に尿道の違和感、尿道の痛みを感じる事があります。多くの男性が、性病検査で心配している検査時の痛みは、まさにこの検査による痛みです。

ただ、安心してください。綿棒を使って尿道内の粘膜を採取する方法は今ではそれほど多くはありません。昔は直接粘膜を採取しないとクラミジアや淋菌を検出出来なかったのですが、今では尿を調べる事で正確にクラミジアや淋菌を調べる事が出来るようになっています。そのため、性器クラミジアや性器淋菌の検査は尿検査が一般的になっています。尿検査は指定のコップに尿を採るだけですので、痛みはありません。

しかし、今でも綿棒を使って尿道の粘膜を採取する方法を行っている病院もあります。そのため、この検査を避けるためには、事前に検査方法を調べた上で検査を受ける方が安心です。地方の病院や小さい病院では昔ながらの検査方法を今でも使っているところもありますので、事前に確認しておく方が安心出来ます。

喉粘膜の検査

喉粘膜検査を実施する性病
咽頭クラミジア 咽頭淋病

喉粘膜を採取する検査は痛みを伴う事があります。オーラルセックスによって感染する咽頭クラミジア、咽頭淋病の検査は喉の粘膜を採取することで検査を実施します。咽頭(のど)の粘膜を採取し、そこに原因菌であるクラミジアや淋菌がいるかどうかを調べるのです。

その際に行われる検体採取の方法に「スワブ法」というものがあります。スワブ法とは、細長い綿棒のようなものの先をのどの奥の方へ入れて、粘膜を擦るように採取する方法です。そのため、のどに違和感を感じたり、痛みを感じる事があります。また、痛み以外にも、のどに綿棒が入ってくる事で嘔吐感を感じる事もあります。のどに異物を入れられる事に抵抗感を感じやすい人は「スワブ法」はなかなかつらい検査です。

また、喉粘膜を採取する方法は「うがい液法」もあります。うがい液法は、うがいすることで喉の粘膜を採取する方法です。スワブ法のように、何か固形のもので喉の粘膜を擦る必要はありません。単純にうがいをした液体を検体として提出するだけです。そのため、うがい液法の場合は痛みを感じる事はありません。その事から、最近はスワブ法からうがい液法を採用するところが増えています。

ただ、咽頭検査の場合はまだまだスワブ法を採用している病院が多いです。特に性病検査をあまり行っていない病院の場合はスワブ法で検査が実施されるケースがほとんどです。そのため、スワブ法を避けたい場合は咽頭検査でうがい液法を採用していることを明記しているところを選ぶようにしましょう。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー