行為から見る性病

ソープランドで感染する性病

本番行為が出来る唯一の風俗店であるソープランドではあらゆる性感染症に感染する可能性があります。ソープではキスから本番までほとんどのプレイが可能なため様々な性感染症に感染する可能性があるため、行った後に体に異変が現れた場合には注意が必要です。

執筆:運営本部

bc2034fd963a355633d66b6d409e64a6_s-min

ソープランドは感染可能性が高い

北海道のすすきの、宮城県の国分町、東京都の吉原、歌舞伎町、兵庫県の吉原、福岡県の中州などにソープランドが多く集まるソープ街が存在しています。ソープランドは風俗店の中で唯一本番行為つまり膣への挿入行為が出来るため数ある風俗店の中でもソープを好んで利用している男性も多いと思います。

しかし、ソープランドは本番行為が出来るゆえに性病に感染する可能性が高いです。ソープランドでは基本的にキス、ディープキス、フェラチオ、クンニリングス、素股、セックスといったようにほとんどの性行為を行うことが出来るため感染の可能性が高くなるのです。性病はオーラルセックスやキスでも感染の可能性がありますが、やはり挿入行為によって膣内の粘膜とペニスの粘膜が激しく触れ合うことで性感染症が感染者から移されるリスクが高まります。

ソープランドではそれぞれのお店の基準に従って従業員の女性に性病検査を定期的に行っていると思いますが、性病検査を定期的に受けていれば常に性病に感染していない状態をキープできる訳ではありません。性病に感染しても症状が出るまでにはある程度の期間があります。その潜伏期間が長ければ長いほど感染しても本人が築きにくく、次の性病検査が行われ結果が出るまでの間に利用客に感染させてしまうことが多いに考えられます。

また、避妊・性病対策として本番行為にはコンドームの装着を義務付けているお店も多いと思いますが、性病はコンドームの装着だけでは防ぐことは出来ません。コンドームで覆い隠せるのは性器のみで性器の周辺から肛門にかけては隠すことが出来ないので、そこから感染してしまう可能性が多いにあります。ましてや、コンドーム無しの生での挿入も可能としているお店であれば感染のリスクは極めて高くなり危険です。

ソープで感染の可能性が高い性病

HIV感染症(エイズ)

数ある性風俗店の中でもHIV感染症に感染しやすいのがソープランドです。HIV感染症はあらゆる性行為が感染の原因となりますが、やはり中でも挿入行為が最も感染の可能性が高いです。ソープランドは性風俗店の中で唯一本番行為が出来るお店なのでエイズに感染する可能性が高くなってしまいます。

HIVはそれほど強い感染力を持つ病原体ではありませんが、ピストン運動によって膣の粘膜とペニスの粘膜を強く何度も何度も擦り合わせるような本番行為では感染のリスクが高まってしまうのです。また、エイズは感染しても初期症状が現れるまで2~4週間程の潜伏期間がありますので、ソープランド嬢が感染に気付かないままお客さんの相手をしてしまうことになります。

クラミジア感染症(咽頭、性器)

ソープランドではオーラルセックス、本番行為と可能なプレイが多いので、それだけ性病の感染のリスクは高く、複数の性病を持ち帰ってしまうリスクがあります。そのため、咽頭にも性器にも感染する可能性がある性病は特に注意が必要です。その咽頭にも性器にも感染する性病の一つがクラミジアです。クラミジアは性感染症の中で最も感染者数が多い性病です。

クラミジアは咽頭にも性器にも感染します。風俗店で働く女性はクラミジアを罹患している割合が一般女性よりも高いのでクンニリングスを行うことで咽頭(のど)に、フェラチオや素股、本番行為を行うことで性器にクラミジア感染症を患ってしまう可能性があります。

クラミジアは性病の中でも感染力が強くクラミジアを持っている感染者との性行為において約30%の可能性で感染するとも言われています。もし、ソープの女性従業員が咽頭にも性器にもクラミジアを持っていた場合は咽頭、性器両方にクラミジアが感染してしまう可能性があります。

淋病(咽頭、性器)

男性の感染者が多く男性が感染しやすい性病と言われているのが淋病です。男性に感染者が多いという事は多くの男性客の相手をしているソープランドの女性は淋病に感染している可能性が高いという事です。そのため、淋病の感染にも注意しなけれいけません。淋病はクラミジア同様に性器だけではなく咽頭(のど)にも感染します。そのため、ディープキスやクンニリングスを行うことでも淋病に感染してしまう可能性があります。

淋病はクラミジアと同じように女性の場合ほとんど自覚症状はありません。そのため気づかずにそのまま放置してしまうケースが多いのです。ソープランドでは定期的に性病検査を行っているから安心だと思っている男性も多いですが、検査後から次の検査までの間にソープ嬢が新たに性病に感染し、そのまま男性客の相手をすることになれば普通に感染しますので、定期検査を受けていても性病の感染は防ぐことは出来ないのです。ソープランドで行われている定期的な性病検査はあくまでもお客さんへの性病感染のリスクを抑える一つの対策でしかありません。決して性病感染をなくせる対策ではないのです。

梅毒

本番行為のあるソープランドでは梅毒の感染の可能性も高くなります。本番行為の際にコンドームを装着したとしても梅毒は性器のほかに性器周辺や肛門にも病変部が出来ることがありますので、そのような病変部が出来ている状態で性行為を行うとコンドームでは覆い隠せない部分が接触して梅毒に感染してしまう可能性があります。

梅毒は外見上で分かりやすい場所に硬いしこりの症状が出ていれば見分けることも難しくありませんが、女性の場合は見えにくい膣内に出来ることもあるのでソープ嬢が感染していることに気付かずに性行為をしてしまう可能性もありますので注意が必要です。

ソープではあらゆる性病に注意が必要

ソープランドではキスから素股、オーラルセックス、本番行為まであらゆる性行為が行われていますので、あらゆる性病に感染する可能性があります。提供されるサービスが限定されている風俗店と違ってほとんどの性行為が可能なため、どの性病に感染する可能性があるのかどうかという話ではなく、ソープランドに行った場合はあらゆる性病に感染する可能性がありますので、注意が必要です。

HIV感染症、性器・咽頭クラミジア感染症、性器・咽頭淋病、梅毒以外にも性器ヘルペス感染症、トリコモナス症、尖圭コンジローマ、B型肝炎、C型肝炎などあらゆる性感染症に感染する可能性があります。性感染症によって現れる症状はそれぞれ様々な症状がありますので、ソープランドに行った後に体のどこかに異変が現れた場合は少しでも早く検査を受けることをオススメします。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー