行為から見る性病

【行為別】感染する性病早見表【感染率】

行為別に感染する可能性がある性病、その感染の可能性の大きさを一目で分かる早見表で紹介しています。また、それぞれの行為別の注意しておくべき性病なども紹介しています。

執筆:運営本部

bad29528cd02869896c65223f45b3a98_s-min

【行為別】感染する性病早見表

セックス フェラ・クンニした フェラ・クンニされた 素股 キス
性器クラミジア
性器淋菌
咽頭クラミジア
咽頭淋菌
HIV
梅毒
カンジダ
トリコモナス
性器ヘルペス
口唇ヘルペス
B型肝炎
C型肝炎
備考 「危」・・・感染可能性が極めて高い、「大」・・・感染する可能性が高い、「中」・・・感染する可能性があり注意、「小」・・・感染する可能性は低いが感染する可能性もあり、「-」感染する可能性は極めて低く感染する可能性を心配する必要はない

セックスはあらゆる性病に注意

ba78020211ef6b99c78be7733e58c888_s-min

  • 性器クラミジア
  • 性器淋菌
  • HIV
  • 梅毒

セックス(挿入行為)は男女ともにあらゆる性病に感染する可能性があります。性器同士の接触のため、咽頭(のど)や口唇部への感染はありませんが、性器同士が接触することで起こる可能性がある性病感染はあらゆるものに注意しておく必要があります。その中でも特に注意しておかなければいけないのが性器クラミジア、性器淋菌です。

性器クラミジアは日本で最も感染者数が多い性感染症です。さらに性器淋菌は男性に多い性病です。クラミジアは女性に多く、淋菌は男性に多い特徴があります。また、HIV感染症はあらゆる性行為で感染する性病ですが、性行為の中でもセックス(挿入行為)が最も感染可能性が高いため、コンドームを装着して感染可能性を少しでも抑えるようにすることが大切です。

また、コンドームを装着しても性器から肛門に至るまで幅広い部位に感染の病変部が出来てしまう性器コンジローマ、性器ヘルペスに関してはコンドームでも予防することが出来ないため注意が必要です。

フェラ・クンニをした場合は咽頭感染に注意

f4a9abfdadfcda6eb5d326cbb7920e03_s

  • 咽頭クラミジア
  • 咽頭淋菌
  • HIV
  • 梅毒

フェラ・クンニをする場合、咽頭感染を起こす可能性が高くなります。相手の性器と自分の咽頭(のど)が直接触れたり、分泌物が触れたりすることによって相手の性器に存在している病原体が咽頭(のど)に移ってしまい咽頭感染を起こすのです。そのため、オーラルセックスをする場合は咽頭クラミジア、咽頭淋菌の感染に注意しておく必要があります。

また、挿入行為に比べると感染可能性は多少下がりますが、HIV感染症を引き起こす可能性もあります。そのほか口唇部や口腔内に病変部を作る梅毒や口唇ヘルペスに感染してしまう可能性があります。

フェラ・クンニされた場合はクラミジア・淋菌に注意

d9c125422eeafcab962c911d406c22d5_s-min

  • 性器クラミジア
  • 性器淋菌
  • HIV
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス

オーラルセックスをされた場合は性器クラミジア・性器淋菌に注意が必要です。オーラルセックスはした側が感染するだけではなく、された側も感染する可能性があります。男性が女性にフェラチオをされた場合、女性が男性にクンニリングスをされた場合どちらとも咽頭(のど)から性器への感染が起こるのです。

感染可能性はクラミジアと淋菌が多いですが、そのほかにもHIV感染症、梅毒、性器ヘルペスなどの性病に注意しておく必要があります。

素股でも性病は感染する

9da9db1ed76c1dd89a487919383a0e4b_s-min

  • 性器ヘルペス
  • 尖圭コンジローマ
  • 梅毒
  • カンジダ
  • トリコモナス

素股行為でも性病に感染します。素股行為は性器と性器が密着するため、性器の粘膜同士が触れることになります。そのため、性器から肛門周辺に病変部が出来る性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、梅毒に感染する可能性が高いです。また、カンジダやトリコモナスの感染の可能性も高いです。

そのほかには性器クラミジアや性器淋菌に感染する可能性もあります。素股行為では挿入を行わないため、クラミジアや淋菌に感染することは無いとも考えられますが、素股行為でも分泌物が流れ出て性器に入ってしまい感染を引き起こす可能性があるのです。そのため、素股行為でもHIV感染症に注意しておく必要はあります。

キスでも感染はゼロではない

4895357c0ff97a1c2404d1ebef01acbb_s-min
キスは基本的に性病に感染する可能性は他の性行為に比べると低いです。ただ、それでもキスで性病に感染する可能性はゼロではありません。キスだけでも性病に感染する可能性はあるため、キスでも性病に注意しておく必要はあります。

キスでは特にディープキスによる咽頭クラミジア、咽頭淋菌の感染に注意しておく必要があります。ディープキスの場合、のど(咽頭)の粘膜から病原体が移ってしまい性病を発症させてしまう可能性があります。また、フレンチキスでも口唇部に病変部を作る口唇ヘルペス、梅毒の場合感染する可能性があります。そのため、ディープキスだけではなく、フレンチキスであっても性病は全く心配が無いという事はありません。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー