知っておきたいこと

性病を正しく予防する方法

性病(性感染症)は感染リスクをゼロにする方法はありませんが、限りなく感染の可能性を下げる予防方法はいくつかあります。特にコンドームは性病予防には欠かせません。ただ、誤ったコンドームの使い方をすると予防には繋がりませんので注意しておきましょう。

執筆:運営本部

0851d07ca105541de11523aab327d572_s-min

予防はコンドーム装着が最低条件

性病(性感染症)を予防するためにはコンドームを最初から最後まで装着することが何より大切になります。性病を予防するためにはコンドーム以外にも予防に良いことはありますが、コンドーム以上に予防効果を高めてくれるものはありません。最も予防が期待できるのはコンドームなので、性行為においてコンドーム装着は最低限必要な対策です。

ただ、コンドームを誤った方法で使ってしまっている人も多いので注意が必要です。コンドームは挿入前の段階から射精に至るまで最後まで装着しておくことで予防効果が得られるのですが、挿入後射精が近づいてきてからコンドームの装着を行ったり、射精間際に装着をやめ膣の外に精液を放出するなどの行為が見受けられます。

性病を予防するという観点で見ると、膣挿入後に途中からコンドームをつけたり、挿入後射精前にコンドームを外すなどの行為はコンドームの予防効果を台無しにする行為に他なりません。

射精前であれば生で挿入しても大丈夫と捉えてしまっている方も多いですが、そのような状態では女性の膣分泌液から男性の尿道に病原菌が侵入して性病に感染しやすくなります。また、男性の射精前に尿道から分泌されているカウパー腺液にも病原菌が含まれていますので、女性も性病に感染しやすくなります。

また、射精前にコンドームを外す行為も危険です。外で出しているから大丈夫と捉える人もいますが、下腹部に出す場合は病原菌を含んだ精液が誤って膣まで流れ込んでしまうリスクがありますし、顔に出した場合には口腔内や咽頭(のど)の粘膜に感染するリスクがあります。

そのため、性病を予防するためにはコンドームを膣挿入前から射精が終わるまで最初から最後まで装着させることが重要になります。また、素股行為やアナルセックス、オーラルセックスをする際にもコンドームを装着しましょう。

コンドーム以外の予防方法

不特定多数の人と性行為をしない

性病を予防するためには不特定多数の人と関係を持たないようにすることが大切です。特定のパートナーのみの人に比べると、不特定多数の人と関係を持てば持つほど性病に感染するリスクは高まります。また、性病の種類はエイズだけではありません。クラミジア、淋病、ヘルペス、尖圭コンジローマ、カンジダ、トリコモナス、B型肝炎、C型肝炎など様々なものがあります。

不特定多数の人と関係を持っていると様々な性病に感染するリスクが高まっていきます。咽頭(のど)にはクラミジアや淋病、性器にもクラミジア、淋病、ヘルペスなど複数の性病を患ってしまうリスクも高いので不特定多数の人と関係を持たないようにしましょう。

性行為をするパートナーを限定していれば、お互いに性病を持っていないことを確認してしまえば性病に感染するリスクは限りなくゼロに近づけることが出来ます。そのため、性病を予防するためには性行為をする相手を限定することが大切です。

生理中の性行為は避ける

生理中は膣内が傷つきやすく、出血もあるため性病に感染するリスクが高まります。特に、主に血液を介して感染するエイズやB型肝炎、C型肝炎にも感染しやすくなってしまいます。感染者の血液には多くの病原菌が含まれていますし、傷口から菌も侵入しやすくなっていますので、挿入される女性、挿入する男性ともにリスクが高いです。

そのため女性が生理中の時は性行為を避けるようにしてください。生理中でもコンドームさえ装着していれば大丈夫という事ではありませんが、コンドーム無しで生理中に性行為をすると恐ろしく性病に感染する可能性が高まります。そのため絶対に生理中には性行為をしないようにしてください。

免疫力が下がっている時は避ける

風邪を引いていたり、強いストレスを感じていたり、寝不足が続いていた李、疲労が溜まっていたり、生理中の場合には体力、免疫力が低下してしまっています。そのような状態では性感染症の病原菌に感染しやすくなり感染症も引き起こしやすくなります。クラミジアや淋菌は元々感染力が強い病原体ですが、余計に感染しやすくなります。

また、ヘルペス、尖圭コンジローマ、カンジダ症は免疫力が低下している状態の時に感染しやすくヘルペスであれば性器周辺や口唇部の水ぶくれ、尖圭コンジローマであれば性器周辺のカリフラワー状のイボ、カンジダ症であればおりものの強い匂いや量の増加、外陰部の痒みなどの感染による症状が現れやすくなります。当然その他の性病にも感染しやすくなります。

そのため、体調が悪いと感じた時は性行為を避けるようにしてください。大量が悪い時に感染していると性行為をしてしまうと通常よりも感染する可能性が高まってしまいますので出来るだけ体調不良の時は避けるようにしましょう。

パートナーと一緒に検査を受ける

性病に感染しないようにするためには、パートナーと一緒に性病検査を受けてお互いに性病に感染していないことを確認しあうことが大切です。もし、どちらか一方が性病に感染している場合はしっかり性病を治しましょう。性病を治し、お互いが性病の疑いがないことを確認してから安全に性行為をするようにしてください。

お互いが性病検査を受けて性病に感染していないことが確認できれば安心して性行為を行うことが出来ます。そのため、性病を予防するためにも、安全に性生活を送るためにもパートナーと一緒に性病検査を受けておきましょう。

性行為直前に出来る予防法

長い爪を切って整えておく

性行為の前に長く伸びてしまっている爪は切っておきましょう。爪が伸びたままで相手の性器を触ると誤って性器を傷つけてしまう恐れがあります。小さくても性器に傷口が出来ると、そこから感染菌やウイルスを含んだ血液が出てきたり、その傷口に病原体が侵入しやすくなってしまいますので、傷口がない状態に比べて性病に感染するリスクが高まります。

そのため性行為の前には長い爪を切っておくようにしましょう。また、爪切りで切った後は出来るだけ爪をやすりなどでなめらかに整えてください。爪を爪切りで切っただけでは逆に傷つけやすい状態になってしまいますので、相手の性器を傷つけないように滑らかな状態に整えておくことも忘れないようにしましょう。

歯磨きの際に口腔内を傷つけない

性行為の前にシャワーを済ませ歯磨きも行う人が多いと思います。また、性行為の直前ではなくとも朝家を出る前に歯磨きを行うと思いますが、その時に口腔内を傷つけないように注意してください。強めの力で歯を磨いてしまうと歯茎から出血してしまうことがあります。

歯茎からの出血や口腔内に傷が出来ていると性病に感染する可能性が高まります。口の中の傷であれば性病とは関係無いと思っている人も多いでしょうが、口の中の傷も影響します。クラミジアや淋病は口腔内や咽頭(のど)の粘膜に感染し咽頭感染を起こします。また、そのほかにも口腔内での感染を起こす性病がありますので、オーラルセックスが普及してきた現在では口腔内の傷も性病の病原体が侵入したり、菌を相手に移す原因となります。そのため、歯磨きの際は口の中を傷つけないようにやさしめに行うようにしましょう。

身体を清潔にしておく

性行為の前にはシャワーを浴びて身体を清潔な状態にしておきましょう。私たちの身体にはあらゆる場所に様々な病原菌が付着してしまっています。そのような病原菌が付着している状態で性行為を行うと病原菌が感染しやすくなります。そのため、性行為の前には身体に付着している病原菌をシャワーでしっかり洗い落とすようにしてください。また、性行為の後にもシャワーを浴びて菌を落としましょう。性行為前はシャワーを浴びる人が多いですが、性行為後はシャワーを浴びることなく、そのまま寝てしまう方が多いですが、前も後もシャワーで体を清潔な状態にするように心がけましょう。

相手に気になる症状がないか確認

性行為の前に相手に性病が疑わしい気になる症状がないかどうか確認しましょう。クラミジアや淋病は自覚症状が乏しいため感染しているかどうか見分けることが難しいですが、尖圭コンジローマや性器ヘルペス、梅毒などは性器周辺にイボや水ぶくれ、硬いしこりなど外見上から見分けが付く病変が出来ることが多いのでそのような気になるものがないか確認しましょう。

もし性病が疑わしい場合には性行為をしないことが大切です。挿入行為ではなくオーラルセックスや素股行為であれば大丈夫と捉えては駄目です。あらゆる性行為、性行為に類似する行為が感染の原因となります。そのため、相手に性感染症の疑いがある場合には絶対に性行為やそれに類似する行為をしていはいけません。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー