行為から見る性病

ピンサロ・ヘルスで感染する性病

本番行為が禁止されているからといってピンサロやヘルスでは性病に感染することはないという事はありません。むしろ、ゴム無しでフェラチオを行うことが基本であるピンサロやヘルスでは性病感染の可能性は高いと言えます。その代表的な性病としてクラミジアや淋病が挙げられます。

執筆:運営本部

f4a9abfdadfcda6eb5d326cbb7920e03_s-min

本番がないから大丈夫は間違い

ピンサロ(ピンクサロン)やヘルス(ファッションヘルス・ホテルヘルス・デリバリーヘルス等)はプレイ内容にソープランドのように本番行為が無いために、性病に感染するリスクが無いから大丈夫だと勘違いしてしまっている方もいますが、その認識は大きな間違いです。

膣への挿入という本番行為が無くてもピンサロやヘルスでは性病に感染するリスクが高いです。ピンサロやヘルスでは主にオーラルセックスであるフェラチオが行われています。フェラチオを受ける男性客は女性の咽頭(のど)から性病を移されてしまうリスクが高いです。風俗嬢は毎月性病検査を受けているところが多いですが、毎月そのような検査を受けていても一般的な女性よりも性病の罹患率は高いです。そのため、性病に感染してしまうリスクが極めて高いのです。

ピンサロでは基本的に性病に感染する可能性がある行為はフェラチオのみですが、個室が容易されておりある程度個室の清潔感が保たれているヘルスとは違って汚い場所でサービスを受ける形になってしまうことが多いので性病に感染しやすい環境と言えます。

また、ヘルスの場合は店舗型サービスであるファッションヘルスや無店舗型でホテルで女性と待ち合わせするホテルヘルス、女性を家やホテルにデリバリーするデリヘルの場合はフェラチオ以外に素股、ディープキスといったサービスの幅が広がりますので、その分だけ感染する性病の種類も増えてしまいます。

ピンサロにしてもヘルスにしても性病に感染する可能性があることに間違いはありません。また、ソープランドの場合にはメインである本番行為でコンドームの装着が義務付けられているケースも多いので、メインサービスでが生で行われるフェラチオであるピンサロやヘルスではソープランドよりも性病に感染してしまうリスクが高いとも言われているのです。

ピンサロやヘルスで移る可能性が高い性病

ピンサロやヘルスで移される可能性が高い性病はクラミジアと淋病です。本番行為が無く、口でのサービスが基本であるのに何故クラミジアや淋病が移るのか。それは女性の咽頭(のど)にクラミジアや淋病が感染している可能性があるからです。

フェラチオを受ける際に相手の女性の咽頭にクラミジアや淋病が感染していると、咽頭の粘膜に存在している病原菌が尿道に侵入してクラミジア、淋病の感染症を引き起こしてしまうのです。フェラチオによってエイズウイルスに感染する可能性はそれほど高くはありませんが、クラミジア・淋病に感染する可能性は極めて高いです。その感染率は1回当たり30%とも言われています。

淋病

風俗に行った場合に男性が持ち帰ってくることが多い性病が淋病です。淋病は圧倒的に男性の患者数が多く、男性が感染しやすい性病です。また、ピンサロやヘルスのようにオーラルセックスが基本サービスである風俗店においては女性従業員が咽頭(のど)に淋菌が感染している咽頭淋病を患っている可能性が高いです。

ピンサロやヘルスでは毎日のように多くの多種多様な男性客が足を運び女性従業員の口によるサービスを受けていますので、そこで働く女性は男性客から咽頭に淋菌が感染してしまいます。そして、そこに訪れた男性客が女性の咽頭から淋菌に感染してしまうことになるのです。

フェラチオによるサービスを行っているお店では”男性客から女性従業員へ”、”女性従業員から男性客へ”のように淋菌の感染が循環してしまっているような形になるため、口のサービスを行う風俗店に通った男性は淋菌をもらい淋病を患ってしまう方が非常に多いです。

淋病は症状として「尿道から膿のようなものが出る」「おしっこの時に尿道が痛む」「尿道が痒かったり不快感がある」といった比較的分かりやすい症状が見られます。さらに、そのまま放置しておくと淋菌が尿道から奥へと侵入して前立腺炎や精巣上体炎を引き起こし「精巣上体の腫れ」や「発熱」、「陰嚢の激しい痛み」などを伴う場合もあります。

性器クラミジア感染症

性感染症(性病)の中でも最も感染者数が多いのがクラミジアです。クラミジアは感染者数が多く感染力が強い性病ですので、要注意です。クラミジアは淋病同様に咽頭(のど)にも感染します。そのため、オーラルセックスによって咽頭(のど)から性器へと感染が移ってしまう可能性が高いのです。

ピンサロやヘルスのように口のよるサービスを受けるお店では、相手の女性が咽頭感染である咽頭クラミジアを患っている場合、咽頭から性器へ感染を引き起こしてしまいます。クラミジアは女性の症状がほとんどないため感染していることに気付かないのがほとんどです。そのため、感染に気付かず、そのまま出勤を続け男性客に移してしまうことが多くなってしまうのです。

分かりやすい症状が出る性病であれば女性の方も早くに性病に気付き出勤を取りやめ検査を受けるなどの対策を取ることで男性客への性病感染を防ぐことが出来ますが、淋病、クラミジアは女性の自覚症状がほとんどないため自分が感染していることに全く気付かず容易に男性客に移してしまうのです。

男性の場合性器にクラミジアが感染すると「排尿時の軽い痛み」「尿道の違和感」「尿道がムズムズする」といった症状が見られる場合もありますが、自覚症状が無い場合も多いです。女性は約8割の人が無症状ですが、男性も約5割の人が自覚症状がないのです。そのため、感染していても気づかずに放置してしまいクラミジア感染が広がっていってしまう可能性もありますので要注意です。

素股を行う人も多いが要注意

個室が容易されていないピンサロで素股のサービスを受けることはほぼありませんが、ヘルスの場合には店舗の個室或いはホテルや自宅でのベッド環境が整っていますので、素股サービスを受ける人も多いです。ヘルスでは本番行為は禁止されていますが、素股を行うことで本番行為のような気持ちよさを味わうことが出来るため素股を好んでしている人も多いでしょう。

しかし、素股行為も性病に感染してしまうリスクがあります。本番のように膣内に性器を入れる訳ではないために性病のリスクはないと思っている人も多いですが、そんなことはありません。むしろ、素股行為は相手が感染しているとかなりの高確率で感染してしまう性病もあるため注意しておかなくてはなりません。

素股で感染してしまう可能性が高い性病は素股によって肌が触れる場所に病変が出来る性病です。性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、梅毒といった性病は性器から肛門の周辺、間に病変が出来ることがありますので、そこが直接触れることになる素股では感染の可能性が高くなってしまいます。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは性器やその周辺、肛門などの箇所に病変を作ります。そのため、素股行為を行うと病変に直接触れてしまうことになるため性器ヘルペスの病原菌である単純ヘルペスウイルス2型に感染してしまい性器ヘルペスを発症してしまう可能性が高くなります。

性器ヘルペスは赤いブツブツや水ぶくれが性器やその周辺に出来るのが大きな特徴です。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは性器や肛門の周りなどに病変を作ります。そのため、性器ヘルペス同様に素股行為を行うと感染する可能性が高くなってしまいます。コンドームを装着すれば大丈夫というものではありません。コンドームは性器を覆い隠すことは出来ますが、尖圭コンジローマや性器ヘルペスは性器だけではなく、その周辺にも病変を作りますので、コンドームでは完全に防ぐことは出来ません。そのため、感染者と素股をやってしまうとゴム装着済みでも感染するリスクが高いのです。

尖圭コンジローマに感染すると分かりやすい症状が出ます。性器や肛門などに白や薄ピンク、茶色、黒色など色は個人差がありますが、カリフラワー状のイボが出来ます。そのような症状が見られた場合には感染の疑いが高いので速やかに検査を受け治療を行うようにしましょう。

梅毒

梅毒は性器その周辺、肛門、口、手指などに病変を作ります。そのため、オーラルセックスでも口から性器に感染を起こすこともあります。また、性器やその周辺、肛門に病変が出来ていると素股行為によって病変部と粘膜が直接触れ合うことで梅毒に感染してしまう可能性が高まります。

梅毒は感染すると初期の症状としては感染した箇所の皮膚や粘膜に硬いしこりが出来ます。このしこりは痛みを伴わないのが特徴です。

HIV感染症の感染の可能性

ピンサロやヘルスにおいてHIVに感染する可能性はそれほど高くはありません。HIV感染症は本番行為をゴム無しで行った場合に感染する可能性が高くなりますがピンサロやヘルスでは本番行為は禁止されているのでオーラルセックスが基本である風俗店ではエイズの可能性は高く無いと言えます。

ただ、感染する可能性が高くはないと言っても感染する可能性はゼロではありません。そのようなお店で働いている女性は一般女性ではありえないぐらい不特定多数の男性との性的な接触を行っていますのでエイズウイルスに感染してしまっている可能性も高いです。そのため、女性がエイズウイルスに感染していることに気付かないうちにその女性からエイズウイルスを移されてしまう可能性も否めません。エイズウイルスは本番行為だけではなくオーラルセックスによっても感染する可能性がありますのでピンサロやヘルスでも注意はしておかなければなりません。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー