性病検査

咽頭クラミジア検査の方法と費用について

咽頭クラミジア検査の方法は、一般的に抗原検査であるスワブ法やうがい方法を行います。抗原検査で陽性反応が出た場合は咽頭クラミジアに感染している事になります。また、抗原検査の前に抗体検査である血液検査を実施する場合もあります。

執筆:運営本部

535bacdbcfbbc63501f05b170d8aadcd_s-min

咽頭クラミジア検査の方法

咽頭クラミジアの感染を調べる検査は、主に抗体検査と抗原検査を行います。まず、最初に行うのが抗体検査です。抗体検査では、クラミジアによって体内に作られた抗体の有無を調べます。それによって今現在と過去両方を含め、クラミジアに感染した事があるかどうかを知ることが出来ます。抗体検査で陽性反応が出れば、今現在感染しているのかどうかを調べる抗原検査を行います。抗原検査の結果、陽性反応が出た場合は咽頭クラミジアに感染している事が確定します。

抗体検査(スクリーニング検査)

男性 女性
血液検査 血液検査

咽頭クラミジア検査で最初に行うのが抗体検査です。抗体検査は今現在だけではなく、過去も含めクラミジアに感染した事があるかどうかを調べることが出来ます。抗体検査は、男女共に一般的な血液検査を行います。血液を調べる事で体内にクラミジアの抗体があるかどうかを調べます。

抗体検査である血液検査は、いくつか欠点があります。その一つは、性器に感染しているのか咽頭に感染しているのか分からない事です。クラミジアは性器と咽頭両方に感染する性病です。血液検査では、どちらに感染しているのか特定できません。

また、もう一つの欠点は、今現在感染しているのかどうかわからない事です。今と過去を含めた今までの感染の有無を調べる事は可能ですが、陽性反応が出ても、それが今現在感染しているのか、過去に感染しただけなのか特定は出来ません。そのため、抗体検査である血液検査は実施されない場合も多いです。

抗原検査(確認検査)

スワブ法 うがい液
細長い綿棒のようなもので喉奥の粘膜を採取 うがいをして喉奥の粘膜を採取

咽頭クラミジアの検査は抗体検査と抗原検査があり、最初に抗体検査を実施し、そこで陽性が出た場合に抗原検査を実施するのが基本です。ただ、「抗体検査⇒抗原検査」は手間がかかり、費用もかさむため抗体検査は実施せず、最初から抗原検査を実施する場合も多いです。病院によっては最初に抗体検査を実施し、抗原検査に移るという場合もありますが、最初から抗原検査を実施するのが一般的になっています。

咽頭クラミジアの抗原検査は、スワブ法とうがい液の2通りの方法があります。スワブ法とは、昔からある方法で、細長い綿棒のようなものを使って喉奥の粘膜を擦るように採取する方法です。うがい液の方法は比較的新しい方法で、うがいをし、うがいした液体に混ざっている喉の粘膜を採取する方法です。

以前はスワブ法が主流でしたが、スワブ法には大きな欠点があるため、うがい液による方法が主流になりつつあります。スワブ法の欠点とは、身体的な負担が大きい事です。スワブ法は細長い綿棒を喉の奥に入れるため、不快感や違和感を感じる人が多く負担になっています。また、喉の粘膜を採取するため、擦るかたちになり、一時的な痛みがある場合もあります。その欠点をうがい液の方法が改善してくれます。

うがい液の方法は単純にうがいをして、うがいした液体を指定のコップに吐き出すだけです。そのため身体的な負担がありません。また、スワブ法よりも広範囲の粘膜を採取出来るため、検査精度も高い事が実証されています。ただ、病院によってスワブ法なのか、うがい液の方法なのか異なります。そのため、咽頭クラミジアの検査の方法が気になる場合は事前に病院に確認を取っておきましょう。

咽頭クラミジア検査の費用

病院 保健所 検査キット
8,000円前後
(2,400円前後)
0円 3,500円前後

病院での検査

咽頭クラミジアを病院で受ける場合は診察料(初診料)と咽頭クラミジア検査費用が必要です。診察料は2,820円です。咽頭クラミジアの検査費用は各病院によって異なりますが、大体4,000~7,000円程です。診察料と検査費用を合わせると大体7,000~10,000円となります。咽頭クラミジアを調べるだけでもなかなかの金額になります。

ただ、健康保険が適用されれば、費用負担額は大幅に安くなります。咽頭クラミジアの費用が8,000円で保険が適用される場合は2,400円で済みます。保険が適用される場合は3割を負担するだけで済み、各段に安くなります。保険の適用の可否は基本的に医師の判断次第です。医師が明確な症状を認め、保険を適用すべきだと判断した場合には保険が適用され負担額を抑えられます。病院で咽頭クラミジア検査を受ける大きなメリットは、症状がある場合は保険を使える事です。

保健所での検査

病院で保険を適用させた場合よりも安く済むのが保健所です。保健所であれば、性病検査を無料で受ける事が可能です。ただ、保健所では受けることが出来る項目が限られます。多くの保健所ではHIV以外にクラミジアや梅毒といった検査も追加で行っている場合があります。しかし、咽頭クラミジアを扱っている保健所はほとんどないのが現実です。

保健所での検査は基本的にHIV検査がメインです。他の検査はあくまでもおまけ程度です。そのため、HIV以外の検査を受ける事が出来る保健所は限られます。咽頭感染の性病に関しては多くの場合、取り扱っていません。どうしても保健所で咽頭クラミジアを受けたいという方は、少し足を伸ばした場所まで咽頭検査を実施している保健所を探してみましょう。

検査キットでの検査

検査キットは安く咽頭クラミジア検査を受ける事が出来ます。病院は保険が出来よう出来ない場合はそれなりに費用負担が大きくなります。検査キットであれば、病院の半額以下で咽頭クラミジア検査を実施することが可能です。検査キットの場合、病院のように検査費用以外に診察料が発生することはありませんので、保険証を使わなくても安く検査を実施出来るのです。

保健所の場合は平日の午前中や午後の指定された時間に出向く必要があります。病院も平日或いは土曜日の午前中に出向く必要があるため、仕事で忙しく中々時間を作る事が出来ない人は検査キットがオススメです。検査キットは自宅でいつでも検査を行う事が出来るため、時間が無く忙しい人に向いています。さらに、病院や保健所のように、誰かにばったり遭遇したり、家族と同居している家に医療通知書が来て、知り合いや家族に検査を受けた事がバレるといった心配がありません。検査キットは完全にバレる事なく検査を実施出来ます。

咽頭クラミジア検査で気になる事

検査を受ける時期は??

抗体検査 抗原検査
2~3カ月後 2~3日後

咽頭クラミジアの検査は2~3日後に受ける事が出来ます。性行為後、2~3日程経過していれば抗原検査(スワブ法やうがい液の方法)によって咽頭クラミジアの感染の有無が判ります。逆に性行為後、2~3日経過していない時期に検査を受けても正しい結果は出ません。性行為後1日~2日の間は正しい結果が出ないため、感染が心配な場合でも検査には必ず2~3日の期間を置くようにしましょう。

また、抗原検査(今現在の感染を調べる)は2~3日後から受ける事が可能ですが、抗体検査(体内に抗体があるかどうか調べる)は2~3日後から受ける事は出来ません。2~3日後では、まだ体内に咽頭クラミジアの抗体が出来ていないため、正しい結果を得ることが出来ません。抗体検査で正しい結果を得るためには、性行為後2~3カ月の期間を置く必要があります。

ただ、今現在の感染を調べる際は抗原検査のみで十分です。わざわざ感染を放置して2~3カ月の期間を置いてから抗体検査を受ける必要はありません。早期に感染を見つけ、治療を受けるためにも、2~3日程経過した段階で速やかに抗原検査を受けましょう。

検査結果はどれぐらいで出る??

病院 保健所 検査キット
1~7日程 1~2週間程 3~4日程

咽頭クラミジアの検査結果は病院であれば、当日に知る事が可能です。病院では即日検査を実施しているところがあります。全ての病院が咽頭クラミジアの即日検査を実施している訳ではありませんが、即日検査を行っているところもわずかにあります。少しでも早く検査結果を確認したい場合は即日検査を行ってくれる病院を探してみましょう。ただ、即日検査は通常検査に比べると、やや検査精度が劣るため、正確な検査結果を得るためには即日よりも通常検査がオススメです。

保健所は咽頭クラミジアの検査を実施しているところはほとんどありません。ただ、中には咽頭クラミジアの検査も実施しているところも探せばあるかもしれません。保健所は基本的に一週間から二週間かかります。検査結果は電話確認は出来ないため、再び一週間後或いは二週間後に指定された時間帯に保健所に出向く事になります。その際に検査結果を聞くため、病院や検査キットよりも結果が出る期間が長くなっています。

検査キットの場合は、早ければ検査キットの注文後3日程で検査結果を確認できます。検査キットの場合は病院や保健所のように、結果を聞きに行く必要はありません。パソコンや携帯でインターネットに接続し、指定のサイト内で検査結果を確認することが出来ます。

検査で痛い事はしない??

咽頭クラミジア検査では抗体検査である血液検査と、抗原検査である喉の粘膜の採取が行われます。血液検査の場合は、一般的な血液検査同様に、極細の針を刺す際にどうしてもチクッとする痛みはあります。ただ、多くの方が経験しているように、わずかにチクッとする程度のものです。そのため苦になるようなものではありません。

また、抗原検査の場合、スワブ法で喉の粘膜を採取する場合にはわずかに一時的な喉の痛みが出る場合があります。細長い綿棒のようなもので喉を擦る形になるため、ちょっとした痛みを感じる事があります。一方、うがい液の方法は痛みはありません。そのため、痛みが気になる方は咽頭クラミジアの抗原検査がスワブ法なのか、うがい液による方法なのか事前に病院に確認しておきましょう。

自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー