性病検査

性病検査の費用を詳しく解説・比較【保険適用が可能かどうか】

性病検査の費用を内訳を含め詳しく紹介しています。病院での検査ではどのようなお金がかかるのか、保険が適用される場合はどのような場合か。また、病院・保健所・検査キットの負担額の比較も行っています。

執筆:運営本部

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s-min

性病検査の保険適用の可否

病院 検査キット 保健所
適用可能 適用不可

性病検査の費用は国民健康保険が適用されるかどうかによって検査費用が大きく変わってきます。健康保険が適用されると、自己負担額は3割となるため、検査費用の3割を負担するだけで済むことが出来ます。もし、検査費用が10,000円であれば保険適用によって負担額を3,000円に抑えることが出来ます。

保険適用は病院のみ

c2596c986933ee517278e17702ea4b62_s-min
性病検査を受ける方法は「病院」「検査キット」「保健所」の3択あります。病院で検査を受ける方法以外に個人で検査を行うことが出来る性病検査郵送サービスを利用する方法、保健所で検査を受ける方法があります。保健所の場合は負担額は一切なく、費用を支払うことがありませんので、保険適用の有無は関係なくなります。平日の午前中に時間が取れる方は、無料でHIV検査(そのほかに梅毒、クラミジア、淋菌の検査を受ける事も保健所によっては可能)を受けることが出来る保健所を利用してみると良いでしょう。

また、自宅で検査を受けることが出来る「性病検査キット」の場合は病院での検査と違って保険は一切適用されません。性病検査キットは病院のように医療サービスではないため、保険が適用されないのです。そのため、性病検査キットの費用は全額自己負担となります。もちろん、検査結果から陽性反応(感染している)が出て、感染が発覚し、性病の治療を受けることになっても性病検査キットの購入費用がのちに免除されたり、負担額が軽減されるといった特別処置もありません。

「保健所」ではもともと負担額がゼロのため、保険適用は関係ありません。「性病検査キット」では保険の適用は全くありません。そのため、保険が適用されるかどうかが関係ある性病検査は病院における検査のみとなります。

保険適用は症状がある時のみ

真由子さん 信二さん
症状 「白っぽいおりものが出る」「あそこが痒い」 自覚症状無し
検査 クラミジア 淋菌
保険 適用 適用されず
負担額 3割 全額

性病検査は病院であれば保険が適用される可能性があります。ただ、全ての方に保険が適用される訳ではありません。性病検査において健康保険が適用されるかどうかは”性病の疑いがある自覚症状があるかどうか”です。つまり、性病感染の自覚症状があれば保険が適用され負担額は3割に抑えることが出来ますが、自覚症状が無い場合には保険を適用することが出来ず負担額は全額となります。

例えで紹介している真由子さんはクラミジアの症状で見られるような「おりものの変化」「デリケートゾーンの痒み」のようにクラミジア感染の疑いが見られる自覚症状があるため、検査において保険が適用され負担額を3割に抑えることが出来ています。一方、信二さんは淋菌の自覚症状である「尿道の痒み」「排尿時の痛み」といった自覚症状がないため保険は適用されず負担額は全額となっているのです。

共に検査費用は10,000円であれば真由子さんの負担額は3,000円となり、信二さんは全額の10,000円となります。

症状がなくても感染が発覚されれば適用される可能性がある

585a28c77e39ca39af8772e3d993bde1_s-min
性病検査を受ける段階では何も自覚症状はなかったとしても、検査結果から感染が発覚した場合に保険が適用される可能性があります。例えば、自覚症状はなくクラミジアの検査を受けたとします。その場合、自覚症状はないため検査費用は全額負担となります。しかし、検査の結果クラミジア感染が発覚したなら、その段階で以前負担していた検査費用の負担額を保険適用の3割に軽減させるという処置が取られることがあるのです。そのため、検査の段階で症状がないからといって100%全額を負担しなければいけないという訳ではありません。もちろん、検査の結果感染していなかったことが分かれば、軽減処置が取られることはありませんので、全額負担という事になります。

病院における検査費用の内訳

クラミジア検査のみ(症状無し)

診察代 検査費用 合計
2,820円 3,000~4,000円程 4,820~7,820円程

病院での性病検査の費用の内訳は「診察代」「検査費用」です。診察代は初診の場合2,820円(282点x10)です。再診の場合は720円(72点x10)です。性病検査を受ける場合は初めての場合は初診となるため、診察代は2,820円と考えてください。

また、検査費用は病院が採用している検査方法によって若干費用に違いが出てきます。クラミジアの場合は大体3,000~4,000円程と考えてもらって大丈夫です。そのため、クラミジア検査を受ける場合、特に自覚症状が無ければ検査費用はトータルで約5,000~8,000円程となります。

クラミジア検査のみ(症状有り)

診察代 検査費用 合計
850円 1,000~1,200円程 1,850~2,050円程

同じクラミジア検査においても自覚症状がある場合には健康保険が適用されるため、診察代と検査費用の負担額が3割となるため、合計負担額が大幅に抑えられます。症状が無い場合での検査では約5,000~8,000円程の負担額となりますが、症状がある場合には約2,000円程の負担額に抑えることが出来ます。

検査費用は項目の数により変わる

クラミジア 淋菌 HIV
約3,000~4,000円 約3,000~4,000円 約3,000~5,000円
梅毒 カンジダ トリコモナス
約2,000~3,000円 約1,000~2,000円 約1,000~2,000円
B型肝炎 C型肝炎 ヒトパピローマ
約2,000~3,000円 約2,000~3,000円 約5,000~6,000円
咽頭クラミジア 咽頭淋菌
約3,000~4,000円 約3,000~4,000円

病院での性病検査は「診察代」と「検査費用」の合計金額を負担することになります。その中の「検査費用」はどの性病検査の項目を選ぶのか、何個の項目を一緒に受けるのかによって金額が大きく変わってきます。もし、受ける項目が一つのみであれば保険が適用されないとしても負担する金額は3,000~5,000円程で済みますが、4個の項目を同時に受けるとなると12,000円~20,000円程と高額になってきます。

病院によっては、複数の項目を同時に受けることで1項目当たりの費用が抑えられるお得なセットが用意されていることもあるため、複数の項目を同時に受ける場合にはお得なセットが用意されているのかどうかを事前に確認しておくとよいでしょう。もし、セットが用意されていなければ、各項目ごとに必要な検査費用をそのまま支払う必要があり、合計金額が大きくなってしまいます。

性病検査の費用比較(病院・保健所・キット)

クラミジア検査のみの場合

方法 病院(症状無) 病院(症状有) 保健所 検査キット
保険 適用無 適用有 適用無
診察代 2,820円 850円 0円
検査代 3,000~4,000円 1,000~1,200円 0円 3,000~4,000円
合計 5,820~6,820円 1,850円~2,050円 0円 3,000~4,000円

性病検査で最も費用を安く抑えることが出来るのは「保健所」における検査です。保健所は各自治体により受けられる検査項目に違いがありますが、全ての検査を無料で受けることが出来ます。HIVに関しては全ての保健所で受けることが可能です。梅毒やクラミジア、淋菌によっては各保健所によって受けられるかどうかが変わってきます。

保健所以外では、症状が有る場合に限り病院が最も安くなっています。自覚症状が有る場合には保険が適用されるため、クラミジア検査を受ける場合負担する金額は約2,000円に抑えることが出来ます。ただ、症状が無い場合(感染の可能性がある行為を行ってしまい、自覚症状は特にないものの不安で検査を受ける場合)には保険は適用されないため、診察代と検査代を全額負担することになるため、約6,000~7,000円程の負担額になります。

そのため、自覚症状が無い場合には性病検査キットを利用した方が安く済みます。性病検査キットは「診察代」を支払う必要は無く、検査キット代を支払うのみで済むため、症状が無い場合には病院よりも負担金額を安く抑えることが出来るのです。また、自宅に検査キットが郵送されてくるため、病院に行くための交通費といった費用もかからないため、負担額を大きく抑えることが出来ます。

まとめて検査を受ける場合(クラミジア、淋菌、HIV、梅毒、トリコモナス、カンジダ)

方法 病院(症状無) 病院(症状有) 保健所 検査キット
保険 適用無 適用有 適用無
診察代 2,820円 850円
検査代 13,000~20,000円 3,900~6,000円 9,000~10,000円
合計 15,820~22,820円 4,750~6,850円 9,000~10,000円

性病は一つの項目を受けるよりも、複数の項目を同時に受けておく方が良いです。特に性病は一つの性病に感染してしまっていると、他の感染率が高まり、複合的に感染してしまっている場合があるため、出来るだけ複数の項目を同時に検査しておく方が賢明です。そのため、性病検査では、一つの項目ではなく、複数の項目をまとめて検査する方が多いです。

保健所ではHIV検査を無料で受けることが出来る一方、受けることが出来る検査項目には限りがあります。HIV検査以外にクラミジアや梅毒の検査も実施しているところもありますが、受けられる検査項目は少ないのが現状です。そのため、まとめて検査を受ける場合、保健所はあまり機能しません。特に近年増えている咽頭(のど)感染の検査を行うことが出来ません。

また、病院で自覚症状があれば保険が適用されるため、病院での検査が最も費用を安く抑えることが出来る方法です。ただ、まとめて検査を受ける場合には、全ての検査項目に自覚症状があるような事は少ないため、ほとんどの場合は保険適用されずに保険適用外での検査となります。そうなってくると、6項目(クラミジア、淋菌、HIV、梅毒、トリコモナス、カンジダ)を受けた場合の合計負担額は約16,000~2,3000円程になります。性病検査は受ける項目が増えれば、それだけ負担額が大きくなってしまうため、まとめて受ける場合はそれなりの高額な金額になってしまいます。

一方、性病検査キットでは複数の項目をまとめて受けたい方のために、「お得なセット」が用意されていることが多いです。そのため、1項目当たりの検査費用を抑えることが出来、病院と同じ6項目でも合計負担額を大幅に抑えることが出来ます。保険適用無しの場合の病院の負担額20,000円よりも大幅に安い半額の10,000円で6項目をまとめて受けることが出来ます。

そのため、検査項目が増えれば増えるほど検査キットがお得になっているのが現実です。ただ、病院によっては検査項目をまとめて受けることが出来る「セット」を用意しているところもありますので、病院での検査を希望の方は出来るだけお得な「セット」が用意されているかどうかを事前に確認しておくとよいでしょう。

検査費用の比較まとめ

時間にゆとりがある人には保健所が最適

79fccf1fe6fa9af6a619c4646d113fd6_s-min
平日の午前中でも時間がある方は保健所がオススメです。保健所であれば検査費用を一切負担する必要がありません。HIV検査を無料で受けることが出来るため、時間にゆとりがある方は保健所での検査を受けてみると良いでしょう。

ただ、HIV検査以外の項目に関しては各保健所によって用意されている検査項目に違いがありますので、梅毒やクラミジア、淋菌を同時に受けておきたいと思っている方は各自治体のホームページにて受けることが可能な検査項目の種類を確認しておきましょう。

はっきりと症状があるなら病院が安い

354e29770b7791a1a9119681f12cc92f_s-min
性病検査は自覚症状があるかないかによって保険の適用の可否が変わってきます。自覚症状があれば保険が適用されるため、病院での検査が安く済みます。保健所のように無料ではないため、保健所に比べると負担する金額は増えるものの、保険が適用されればかなり安い負担額で済ますことが出来ます。

ただ、自覚症状が無い場合には保険が適用されず負担額は大きくなってしまいます。特に検査項目が多ければ多いほど負担額が大きくなってしまいます。

念のために受けるなら検査キットがオススメ

c5addc13b240dfb23851988f1d43f95e_s-min
”自覚症状はこれといってはない”或いは”性病かどうかは分からないが念のために受けておきたい”という場合には検査キットがオススメです。保健所のように無料ではありませんが、自覚症状が無い場合には病院よりも検査費用を安く抑えることが出来ます。

病院の検査の場合、保険が適用されればかなり安く済ますことが出来ますが、保険が適用されない場合はかえって高額な負担額になってしまします。検査キットは病院のように診察代や交通費がかからないため、病院での検査よりも安く済ますことが出来ます。また、検査項目が多くなればなるほど検査キットがお得です。

病院での検査では検査項目が増えても何も割引は適用されないため、検査項目が多くなればなるほど高額になってしまいます。一方、検査キットは検査項目を複数受ける場合に「お得なセット」が多く用意されているため、複数検査を受ける場合には病院よりも負担額を大幅に抑えることが出来るのです。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー