性病検査

性病検査を受ける際の病院・保健所・検査キットのメリット・デメリット

性病検査を受ける場合、病院・保健所・検査キットにはそれぞれメリット・デメリットがあります。どこで受けるのが良いのか迷っている方は是非それぞれの違いや良し悪しを理解した上で、自分に合った性病検査を受けるようにしましょう。

執筆:運営本部

64c4c753c9bffa33bc4b90f0e611a65f_s-min

病院、保健所、検査キットの比較

病院 保健所 検査キット
検体採取 医師又は看護師 医師又は看護師 個人
検査機関 登録衛生検査所 登録衛生検査所 登録衛生検査所
事前予約 必要 不要 不要
検査可能日 平日・土 平日 平日・土日祝
費用 7,000円前後
(2,000円前後)
0円 4,000円前後
検査対象 全ての性感染症 HIV
(梅毒、クラミジア、淋病)
全ての性感染症
治療 有り 無し
(陽性反応が出たら病院で治療)
無し
(陽性反応が出たら病院で治療)
親バレ 保険証を使うとばれる可能性が高い ばれない ばれない
検査の流れ 診察予約
(4/1)

診察・検査
(4/8)

結果確認
(4/15)
保健所で検査
(4/1)

結果確認
(4/8)
ネットで注文
(4/1)

検体採取
(4/2)

検体を郵送
(4/2)

結果確認
(4/4)
メリット 「全ての性病に対応できる」「土曜でも検査を受けられる」「治療をすぐに受けることが出来る」「保険証を使えば安くなる」 「無料で受けられる」「匿名で受けられる」「保険証を使わなくて済む」 「恥ずかしい思いをしなくて良い」「自宅でこっそり検査が出来る」「親にばれず検査が出来る」「安い金額でまとまった検査が出来る」「検査結果が早い」「平日の夜でも土日祝でも、いつでも検査が出来る」
デメリット 「自費診療は高額になる」「保険証を使えば親バレの可能性がある」「検査費用に合わせ診察料が必要」 「限られた日時しか実施していない」「検査の種類が少ない」「治療は受けられない」 「陽性が出たら病院に行く必要がある」「保険証は使えない」

病院のメリット・デメリット

病院で性病検査を受けるメリットは「保険証が使える事」「全ての性感染症の検査・治療が行える事」です。保健所の場合はHIV検査が基本で、追加検査の場合も梅毒、クラミジア、淋病など限られた性病しか検査を実施してくれません。また、必ずしもすべての保健所で追加検査が用意されているわけではありません。多くの保健所はHIV検査のみです。そのため、全ての性感染症の検査、治療を行える点において、病院は保健所に勝っています。また、検査キットは治療は病院に行うため、検査から治療まで一括して行ってくれる病院は手間が省けるという点で検査キットにも勝っています。

ただ、病院の場合は「自由診療の場合は費用が高額になる」というデメリットがあります。病院は保険証が使えれば保険診療となり、検査費用がかなり安くなります。しかし、自覚症状がなく保険適用外と医師に判断された場合や親バレを防ぐために保険証は使いたくないという場合は自費診療となり、費用は高額になります。病院によっては一項目の検査を受けるだけで1万円も費用がかかることもあります。

保健所のメリット・デメリット

保健所で性病検査を受けるメリットは「検査費用が無料」というところです。病院や検査キットは検査費用がかかるため、無料で検査が実施出来る保健所は有りがたい存在です。病院や検査キットで数千円かかるHIV検査をタダで実施しているため、お金がない未成年の方でも経済的な負担なく検査を実施出来ます。

ただ、保健所には様々な制約があります。「検査は限られた日時しか実施していない」「検査項目は限られている」といったデメリットがあります。保健所は基本的に平日の午前中或いは正午から夕方ぐらいの限れた時間、月の数回と限られた日にちしか実施していません。多くの保健所は平日の水曜日や木曜日の午前中の3時間程度しか検査を実施していません。

また、検査項目も限られています。多くの場合はHIV検査のみです。場所によっては梅毒、クラミジア、淋病を追加検査として用意している場合もありますが、多くの場合はHIV検査しか受ける事が出来ません。つまり、病院や検査キットなら受けられる検査が保健所では受けられないのです。

性病検査キットのメリット・デメリット

性病検査キットのメリットは「恥ずかしい思いをしなくて済む」「親にばれる事なく検査が出来る」「いつでも好きな時間に検査が出来る」「まとまった検査を安く受けることが出来る」などです。

性病検査は病院であれば泌尿器科や産婦人科で受ける事になります。病院では性病検査を受ける人よりもその他の病気で訪れている人が多いです。そのため、性病検査で受けに来た人が自分だけで恥ずかしく感じたり、また問診や視診、内診、検体の採取の際に恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。性病検査は自宅でこっそり行うため、医師や看護師に見られる事はありません。また、保険証は使わないので、親にばれることもありません。未成年でも親の同意無しに検査キットは利用できます。

また、病院で検査を受けるにしても、保健所で検査を受けるにしても、忙しい合間をぬって検査日のための時間を確保する必要があります。しかし、性病検査キットは自宅で出来るため、平日の夜でも検査が出来、日曜日や祝日でも検査が出来るため、忙しい人でも問題ありません。学校やバイトの帰り、仕事帰りに自宅で検査が出来ます。

さらに、検査費用も意外と安いです。病院で保険証が使える場合は病院の方が安いですが、保険証が使えない或いは使いたくないような場合は検査キットの方が安いです。また、病院でまとまった検査を受ける場合は保険が使える事は少ないです。まとまった検査の場合は自由診療になることが多く、検査費用が高額になります。一方、検査キットはまとまった検査の場合はお得なセットプランが数多く用意されているため、病院よりも遥かに安くまとまった検査を受けることが出来ます。

ただ、性病検査キットにもデメリットがあります。それは、「陽性反応が出たら治療のために病院に行く必要があること」です。保健所同様に陽性反応が出たら治療を受けるために、病院に行かないといけません。検査キットはあくまでも検査を行うためのキットで、治療までは行ってくれません。

病院、保健所、性病検査キットの検査精度は同じ

性病検査を受ける場合、病院、保健所、検査キットではそれぞれメリットやデメリットがあります。そのため、自分に一番合っている検査方法を選ぶと良いでしょう。無料で検査を受けたいなら保健所、保険証を使って色々な検査を受けたいなら病院、誰にもばれずに少しでも安く検査を受けたいなら検査キットといったぐあいに自分に合ったものを選びましょう。

また、性病検査を受ける上で重要なになる検査の信用度(検査精度)ですが、病院、保健所、性病検査キットで違いは特にありません。なんとなく多くの方が頭の中で「病院=保健所>検査キット」といった図式を持っているのではないでしょうか。これは大きな間違いです。検査精度は、「病院=保健所=検査キット」のように、どれも同じです。病院で受けても、保健所で受けても、検査キットで受けても検査結果は同じです。

なぜなら、検査を行っている機関が同じだからです。病院は医師や看護師が患者さんから採取した検体を登録衛生検査所という検査を専門にしている公的な機関へと送っています。そして、登録衛生検査所で働いている臨床検査技師が専門設備を使って病原菌がいるかどうかを調べているのです。そして、登録衛生検査所で出た結果が病院に伝えられ、患者さんに診断が下されます。もちろん、病院によっては病院内に検査施設を所持して、自前で検査結果を出しているところもありますが、多くの病院では外部委託という形で検査自体は登録衛生検査所にお願いしているのです。

実は、保健所も病院とまったく同じ事をしています。保健所も保健所内で医師や看護師が検査を受けに来た人から採取した検体を登録衛生検査所に送って、検査を実施してもらっているのです。また、検査結果が心配されることも多い検査キットですが、検査キットも実は病院や保健所同様に個人が採取した検体を専門機関である登録衛生検査所に送って検査結果を出してもらっているのです。そのため、病院、保健所、検査キットはどれも検査を実施しているところが同じ専門機関ですので、結果が異なるという事はありません。検査精度は全く同じです。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー