性病・性感染症

HIVはオーラルセックスだけでも感染する?感染率はどれぐらい?

HIVはオーラルセックスだけでも十分に感染します。膣への挿入行為に比べると感染する確率はやや下がりますが、フェラチオやクンニリングスだけでも感染する可能性があります。また、感染する可能性はフェラチオやクンニリングスをする側の方が確率が高くなっています。そのため、する側は要注意です。

執筆:運営本部

d7a9307cb3823cb122d1461b0e88a221_s-min

オーラルセックスだけでもHIVに感染する

感染の仕組み
フェラチオ クンニリングス
する側 精液に含まれるHIV

口腔内の粘膜や傷口から侵入

HIV感染
膣液に含まれるHIV

口腔内の粘膜や傷口から侵入

HIV感染
される側 血液に含まれるHIV

尿道、陰茎の粘膜から侵入

HIV感染
血液に含まれるHIV

膣の粘膜から侵入

HIV感染

する側は相手の精液・膣液との接触で感染

フェラチオをする側(男性の陰茎をなめる側)、クンニリングスをする側(女性の膣をなめる側)は、男性の陰茎から分泌される精液或いはカウパー腺液に含まれるHIVとの接触、女性の膣から分泌される膣液に含まれるHIVとの接触によって感染します。

HIVは体液に分泌されていますが、涙、鼻水、汗といった体液に分泌されているHIV量は僅かな量です。そのため、それらの体液との接触では感染します。しかし、精液(又はカウパー腺液)や膣液には大量のHIVが多く分泌されています。そのため、精液や膣液との接触で感染するのです。

もちろん、それらの精液や膣液が皮膚に接触しただけでは感染します。相手の精液や膣液が粘膜と接触した時に感染するのです。粘膜は口腔内にも存在します。そのため、フェラチオやクンニリングスをすることで、相手の精液や膣液が自分の口腔内の粘膜と接触することによってHIV感染が起こるのです。

される側も血液から感染の可能性がある

フェラチオをされる側(陰茎をなめてもらう側)、クンニリングスされる側(膣をなめてもらう側)は、相手の口腔内の血液との接触によって感染する恐れがあります。血液は精液や膣液同様にHIVが多く分泌されている体液です。そのため、血液と陰茎や膣の粘膜が接触することで感染が起こります。

口腔内は性行為前の歯磨きによって歯茎から出血が起こりやすいです。また、食べ物を噛む際に間違って口腔内に傷を付けてしまい、出血を伴う傷口が見られる場合も少なくありません。そういった状況で、フェラチオやクンニリングスをされると、相手の口腔内の血液から感染してしまう可能性が出てきます。また、唾液にもHIVは分泌されていますが、唾液に含まれるHIV量は僅かな量のため、フェラチオやクンニリングスの際に唾液から感染する可能性はほとんどありません。

オーラルセックスにおけるHIV感染確率

HIV検査・相談マップのデータ

フェラチオにおける感染確率
する側 される側
0.01% 0.005%

厚生労働省運営のHIV検査・相談マップでは、フェラチオにおけるHIVの感染確率が記載されています。その記載によれば、フェラチオをする側(口で相手の陰茎を受け入れる側)が感染する確率は0.01%、フェラチオをされる側(相手の口に陰茎を挿入する側)が感染する確率は0.005%です。

おおさかエイズ情報Nowのデータ

フェラチオ クンニリングス
する側 0.1%以下 0.1%以下
される側 0%
※出血がある場合は僅かに感染の影響がある
0%
※出血がある場合は僅かに感染の影響がある

また、大阪府が事業主体、HIVと人権・情報センターが運営主体であるおおさかエイズ情報NowではフェラチオとクンニリングスにおけるHIVの感染確率が記載されています。こちらのデータでは、フェラチオ・クンニリングスをする側は0.1%以下、フェラチオ・クンニリングスされる側は0%(口腔内に出血がある場合は僅かにHIV感染の影響がある)です。

オーラルセックスによる感染率の目安

フェラチオ クンニリングス
する側 0.01~0.1% 0.01~0.1%
される側 0~0.005% 0~0.005%

「HIV検査・相談マップ」と「おおさかエイズ情報Now」の情報を元に、オーラルセックスによる感染確率の目安を考えると、フェラチオ・クンニリングスをする側の感染確率は0.01~0.1%、フェラチオ・クンニリングスをされる側の感染確率は0~0.005%になります。

する側の方が感染確率が高い

オーラルセックスによる感染確率は、される側よりもする側の方が感染確率が高いです。する側は相手の精液・膣液と口腔内の粘膜が直接接触するため、される側よりも遥かに感染確率が高いのです。もちろん、される側も感染する確率がゼロではありませんので、注意が必要です。ただ、する側の人はされる側よりも感染のリスクが高いため、十分に注意しておきましょう。よく相手のことを知らないような人とオーラルセックスを含め性行為を持たないようにすることが大切です。

コンドーム使用で感染確率はゼロに近づく

オーラルセックスをする場合、コンドームを使用すれば感染確率をゼロに近づけることが出来ます。コンドームを使用しても、正しくコンドームを使用出来ていない場合は感染する確率が僅かに残りますが、正しく使用すればオーラルセックスでも感染する確率はゼロになります。

また、男性用のコンドーム以外に女性用のコンドームであるデンタル・ダムも販売されているため、クンニリングスの際にも女性用コンドームを装着するようにしましょう。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー