性病・性感染症

HIVはキスだけでも感染する??

キスでHIVに感染する可能性は極めて低いです。唾液に含まれるHIVの量はごくわずかなため、キスでHIVに感染することはまずありません。ただ、キスが原因でHIVに感染した報告はあります。その事例では唾液ではなく、口腔内の出血が原因です。そのため、口腔内に出血が見られる場合はキスによってHIVに感染する可能性があります。

執筆:運営本部

0a28a41163ec3321ab7b6908ca4545e0_s-min

キスだけでHIVに感染するのか

唾液に含まれるHIV量はごく僅か

キスでHIVに感染するのかどうか、そのカギは唾液にあります。キスによって接触する恐れがある体液は唾液です。HIVは体液と粘膜との接触によって感染します。そのため、キスで感染するとすれば唾液による感染が疑わしくなります。

しかし、唾液に含まれるHIVの量はごくわずかな量です。HIVは主に精液、膣液、血液に多く分泌されているものの、唾液には僅かな量しか分泌されていません。精液や膣液とは、含まれているHIVの量が全く違うのです。そのため、唾液によってHIVに感染することはありません。

もし、唾液でHIVに感染するとなると、その唾液量はバケツ数杯分もの大量の量が必要だと言われています。ディープキスであっても、相手の唾液をバケツ数杯分も受ける事はあり得ません。そのため、キスの際に唾液を通してHIVに感染する可能性はほぼありません。

過去にキスによってHIVに感染した例はある

キスによってHIVに感染することはほとんどありません。しかし、過去にキスが原因によってHIVに感染したと公式に発表された例があります。それは1997年7月10日の事です。

この時、米国疾病対策センターでHIV感染者である男性との激しいキスによって女性がHIVに感染したとの報告が行われていました。女性は男性との性行為を繰り返していましたが、性行為の際にはコンドームを必ず装着していたため、キスによる感染であると結論づけられたのです。この例が今現在、世界で唯一キスによるHIV感染が報告された例になっています。この例以降は正式にキスが感染原因だと結論づけられた感染報告はありません。

また、このケースは唾液による感染が原因ではありません。口腔内の出血による感染が原因です。男性は女性との性行為の前に歯磨きをしており、その歯磨きによって出血が出て、HIVを含む血液が女性の口腔内の粘膜に接触し、HIV感染が起こったのです。

唾液による感染の心配は無いが、出血による感染の心配はある

キスでのHIV感染は、フレンチキス、ディープキスの場合でも、唾液による感染の心配はありません。HIVが感染するほどの大量の唾液をキスによって受ける事は不可能です。そのため、唾液によるHIV感染は心配する必要はありません。

しかし、口腔内に出血が見られる場合に激しいディープキスをしてしまうと、感染者の口腔内の出血による血液と、非感染者の口腔内粘膜との接触によって感染が起こる危険性があります。そのため、通常の状態のキスであれば、HIVの感染のリスクはありませんが、口腔内に出血が見られる場合はHIVの感染のリスクが生まれます。

キスによるHIV感染の可能性のまとめ

キスによるHIV感染を心配する必要は無い

キスが原因でHIVに感染したという正式な報告は1997年の事例を除いて他にはありません。また、その事例は、口腔内の出血が見られる状態でのディープキスが原因です。通常の出血が無い状態でのディープキスとは違い、特別な状況です。

そのため、基本的にキスによるHIVの感染を心配する必要はありません。HIVの感染のリスクがある行為は主にセックス、オーラルセックス、アナルセックスなどの性行為です。

相手の口腔内に出血が見られる場合は要注意

基本的にHIVはキスでは感染しませんが、相手の口腔内に出血が見られる場合はHIVに感染するリスクが出てきます。1997年の事例でも口腔内の出血が原因で、キスによってHIVに感染しています。そのため、相手の口の中で出血が見られる場合は注意しておく必要があります。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー