性病・性感染症

発熱はHIV感染の初期症状か?単なる風邪か?

発熱がある場合、HIVに感染しているのか、単なる風邪による発熱なのか気になります。また、高熱が出ている場合にはHIVなのか、インフルエンザによるものなのか気になります。しかし、発熱という症状だけではHIVかどうか判断することは出来ません。

執筆:運営本部

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_s-min

HIV感染者の多くに発熱の症状が出る

症状 発症率
発熱 96%
リンパ節の腫れ(首の腫れ) 74%
咽頭炎(のどの痛み) 70%
発疹 54%
筋肉痛・関節痛 54%
下痢 32%
頭痛 32%
吐き気・嘔吐 27%
肝臓・脾臓の腫れ 14%
体重減少 13%
口腔カンジダ(口内炎) 12%
神経症状 12%

発熱の症状は96%

発熱の症状が出たからと言ってHIVに感染しているとは限りません。単なる風邪で発熱しているだけかもしれません。しかし、HIVに感染している場合、かなりの高い確率で発熱の症状が出ます。その発症率は96%で、その他の症状「リンパ節の腫れ(特に首)」「のどの痛み(咽頭炎)」「発疹」「筋肉痛・関節痛」などよりも高く、HIV感染者の初期症状としては一番発症率が高い代表的な症状です。

感染後2~4週間程で発症する

発熱の症状は感染後、約2~4週間程で発症します。感染後、すぐに症状が現れるのではなく、ある程度の期間を経て現れます。その期間は人によって個人差がありますが、大体2~4週間程が目安になっています。発熱の症状は時に39~40度の高熱になることもありますが、発熱は発症から数日から数週間程度で治まります。

発熱以外にはのどの痛みや筋肉痛など

発熱以外には「のどの痛み」「筋肉痛」「体のだるさ」「リンパ節の腫れ」といった症状が現れることも多いです。もちろん、これらの症状が必ず感染初期に現れるとは限りません。HIVは感染後、初期症状がはっきりと表れる場合もあれば、現れない場合もあります。また、初期症状があっても本人が自覚出来ず、見逃してしまう場合もあります。

ただ、HIVの感染初期の症状には発熱以外に「のどの痛み」「筋肉痛」「体のだるさ」「リンパ節の腫れ」「頭痛」「下痢」「吐き気」「発疹」といったものもありますので、それらの症状にも注意しておきましょう。

発熱があってもHIVか風邪か判断は出来ない

HIVと風邪は症状が似ている

HIVの初期症状は発熱が代表的な症状です。身近な病気である風邪も発熱が代表的な症状です。HIVは発熱以外に喉の痛みや頭痛を伴うことも多いですが、風邪の場合も喉の痛みや頭痛を伴うことがあります。そのため、HIVか風邪か判断するのは非常に難しいです。

また、HIVの場合は高熱になることも多いですが、それだけではHIVと判断出来ません。季節性の感染症であるインフルエンザも39~40度の高熱を伴い、HIV感染症の初期症状で見られる「関節痛」「筋肉痛」「頭痛」「全身倦怠感」「吐き気」といった症状が見られるのです。そのため、HIVの感染初期に見られる発熱やその他の症状だけでは、風邪かHIVか、或いはインフルエンザかHIVかどうか判断することは出来ません。

風邪薬で症状が治ってしまうこともある

HIVの初期症状は風邪やインフルエンザと似ています。そのため、風邪と思って病院に行って風邪薬を処方してもらい、その薬を飲むことで「発熱」「頭痛」「喉の痛み」などが治ってしまう事があります。この場合、「HIVではなく、単なる風邪だったんだ。」と勘違いしてしまいがちですが、そうではありません。もし、HIVに感染している場合、病院で処方された解熱剤や鎮痛剤で発熱や頭痛といった症状が治まっただけで、その原因ウイルスであるHIVは体の中に残ったままです。

HIVかどうか確かめるためには検査を受けるしかない

HIVの感染の不安がある行為から数週間後に発熱の症状が出て、HIV感染が不安の場合、感染の有無を調べることが出来る唯一の方法はHIV検査を受ける事です。HIVは初期症状が風邪やインフルエンザと似ています。そのため、検査を受けない限り、単なる風邪なのか、またはその他の病気によって発熱が出ているのかどうか判断のしようがありません。

また、HIV感染の初期症状の発熱が長い期間に渡って続くのであれば、単なる風邪ではなく、HIV感染の可能性が高いのではないかと推測を立てることが出来ます。しかし、HIVの初期症状は数日で消えてしまうこともあります。そのため、なかなか発熱という症状又はその他の症状だけでは判断が出来ません。病院に行っても、HIVに感染している可能性があるかどうか調べたいと医師に伝えない限り、症状からHIV感染の可能性があると言われる事はまずありません。そのため、気になる場合はHIV検査を受けておきましょう。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー