性病・性感染症

B型肝炎の症状・原因・検査・治療方法のまとめ

大人になってからのB型肝炎の主な感染経路は性行為です。B型肝炎の場合、全身倦怠感、食欲不振、尿の色が濃くなる、発熱、黄疸などの症状が見られますので、これらの症状が出てきた場合にはB型肝炎を疑う必要があります。B型肝炎は肝硬変や肝がんの原因にもなりますので、早期に治療を受け発がんの可能性を抑えることが大切になります。

執筆:運営本部

539544c68a1a0ee4212b02e2cb3059c6_s-min

B型肝炎とは

B型肝炎とは血液・体液を介してB型肝炎ウイルスに感染して起こる肝臓の病気です。日本では年間1万人の新規感染者がいると言われています。そして持続感染者の数は世界で3億5千万人、日本でも130万人と推定されています。

B型肝炎の症状

B型急性肝炎

  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 褐色の尿
  • 黄疸

B型急性肝炎の場合は感染後1~6カ月の潜伏期間を経て、「全身における倦怠感」「食欲不振」「悪心」「嘔吐」「褐色の尿が出る」「黄疸」などが現れます。B型肝炎の場合症状を起こす人は感染者の3分の1と言われ感染者の半数以上は症状が出ないまま自然に治ってしまいます。しかし、感染後急性つまり一過性の症状であるB型急性肝炎になると、尿の色が濃くウーロン茶のようになり、倦怠感が続く、食欲が落ちる、吐き気を催す、嘔吐、目の白目の部分が黄色くなり皮膚も黄色くなるなどの症状が見られます。

B型慢性肝炎

一過性のB型急性肝炎を起こした人の大部分は慢性化はしないと言われています。しかし、体内からB型肝炎ウイルスが排除されず慢性化するとB型急性肝炎からB型慢性肝炎へと一過性の感染から持続性の感染へと移行してしまいます。

ただ、B型慢性肝炎の場合は特に急性肝炎で見られるような症状は出現することは少なく、自覚症状はほとんどないのが特徴的です。

B型肝炎の原因(感染経路)

B型肝炎ウイルス(HBV)

B型肝炎の原因となるのがB型肝炎ウイルスです。HBVに感染することで肝臓に炎症が起きます。肝炎が慢性化することで慢性肝炎、そして肝硬変、さらには肝がんへと進展していく可能性があります。

HBVに感染する原因は体内に感染者の血液や体液が入ることで起こります。そのため粘膜と体液が接触することになる性行為、血液が直接体の中に入ってくる輸血などによって感染するリスクがあります。

あらゆる性行為で感染

B型肝炎はあらゆる性行為によって体内にHBVが侵入することによって引き起こされます。HBVは体液や血液に存在しており、感染者の精液、膣分泌液、血液に主に含まれています。そのため、性器からの分泌物と性器の粘膜が触れるセックスで感染します。また、口の中に傷口がある場合はその傷口からの血液が性器の粘膜から体内に入ることで感染しますし、逆に性器の分泌物が傷口に触れることでHBVが感染することになりますので、挿入行為だけではなくオーラルセックスでもB型肝炎は感染します。当然ながらアナルセックスにおいてもHBVが感染する原因になります。

性行為以外でも感染

HBVは性行為以外でも感染するリスクがあります。当然ながら十分に消毒していない器具を使った医療行為、刺青、ピアスの穴あけによって感染する可能性が高いですし、日常生活の中でもカミソリや歯ブラシの共有によってもHBVが感染する可能性があります。これらの感染はHBVに感染した人の血液が自分の粘膜に触れる或いは傷口から侵入することによって感染が起こります。

B型肝炎の検査

B型肝炎の検査は血液検査が行われます。血液検査ではHBs抗原というHBVの外殻を構成するたんぱく質が血液中にあるかどうかを調べHBVに感染しているかどうかを判別します。HBVに感染しているかどうかの検査で正確に陽性か陰性かを調べるためには感染後2~3カ月程の期間を置く必要となります。

B型肝炎の治療方法

B型肝炎の治療ではウイルスを体から完全に排除することはほぼ不可能なため、治療の目的はウイルスを排除することではなく肝硬変や肝がんへの進展を抑えることになります。

そんなB型肝炎の治療方法は主に3通りがあります。一つ目は抗ウイルス療法で、薬によってウイルスを攻撃しウイルスの増殖を抑えることが目的の治療方法。もう一つは肝庇護療法で、肝臓が破壊されるのを防ぎ肝機能を改善することが目的の治療方法。最後の一つは免疫療法でステロイドを使用し一時的に免疫力を低下させ、ステロイドの使用を急に中止することでそのリバウンドによって本来持っているはずの免疫力を一気に活性化させHBVを攻撃する治療方法です。

一過性のB型急性肝炎の場合は一般的に肝庇護療法によってほとんどの場合は治癒します。また、B型急性肝炎は一度発症すると抗体が体の中に出来るため再感染の可能性はなくなります。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー