性病検査

淋病(淋菌)検査の方法と費用について

淋病検査は男性の場合は尿検査、女性の場合はオリモノ検査を実施します。クラミジアの場合は血液検査を実施する事もありますが、淋病検査の場合は血液検査は実施しません。また、淋病の費用は病院の場合は大体7,000円~9,000円程です。保険の適用は症状があるかどうかによって変わってきます。

執筆:運営本部

50732b08bd85d778b468ddfb9c14fbcc_s-min

淋病検査の方法

淋病の検査は尿検査やオリモノ検査

男性 女性
尿検査 おりもの検査

淋病検査は抗原検査が実施されます。抗原検査とは、淋病の原因となる淋菌そのものの存在を調べる検査です。クラミジア検査の場合はクラミジアに感染することで体内に出来る抗体を調べる抗体検査(血液検査)を抗原検査前に実施することがあります。しかし、淋病検査では抗体検査(血液検査)を行う事はありません。

淋病の場合は淋菌の抗体が体内に出来るまでに時間がかかります。さらに、淋菌の潜伏期間は短く早くに症状が現れます。そのため、検査を受けるまである程度の期間を置く必要がある抗体検査(血液検査)を実施せず、抗原検査を実施します。

淋病の抗原検査は男性の場合、尿検査を実施します。女性の場合は膣分泌物であるオリモノ検査を実施します。男性は、指定されたトイレで指定のコップに初尿を採取します。女性は内診台に上がり、専門医師により膣のオリモノを採取してもらう形になります。それぞれ採取した尿・オリモノを専門の検査機関に回し、遺伝子検査によって感染の有無を調べます。この検査で陽性反応が出た場合は、淋病に今現在感染している事が確定します。陰性の場合は、今現在は淋病に感染していない事になります。

即日検査と通常検査で精度が変わる

IC法(即日) PCR法(通常)
信頼性はやや劣る 検査精度が高い

男性の尿、女性のオリモノを採取し、専門の検査機関で検査を実施する訳ですが、その精度は検査方法で変わってきます。淋病の検査は、即日検査で良く行われるIC法と通常検査で良く行われるPCR法が主にあります。

IC法は検体(尿・オリモノ)を採取して、約15~60分程で判定が可能です。そのため、淋病検査の結果を当日中に知ることが出来ます。ただ、IC法はやや信頼性に劣る部分があり、陽性一致率は7~8割程と言われています。一方、通常検査で行われるPCR法は感度が高く、少ない淋菌も検出することが出来ます。そのため、PCR法の方が検査精度は勝っており、信頼性が高いです。また、PCR法以外にもリアルタイムPCR法(RT-PCR)やSDA法もPCR法同様に検査精度が高い方法です。検査方法は病院によって違いがあるため、気になる方は病院の検査方法を事前に確認しておくと良いでしょう。

淋病検査の費用

病院 保健所 検査キット
7,000円前後
(2,100円前後)
0円 3,500円前後

病院での検査

淋病検査の費用は病院、保健所、検査キットで異なります。病院での淋病検査の場合は、大まかな目安として7,000円前後の費用が必要です。具体的には診察料と検査費用が必要で、診察料は2,820円、検査費用は4,000~6,000円程必要です。そのため、大体7,000~9,000円程の必要がかかります。検査費用は病院によって異なるため、負担費用が気になる場合は事前に検査費用を確認しておきましょう。

また、病院では淋病検査を受ける場合、健康保険が適用出来る場合があります。淋病の症状があり、医師が淋病検査を受けるべきだと判断した場合には保険が適用出来ます。保険が使える場合は合計負担額は3割で済みます。淋病検査の全体の費用が7,000円であれば負担額は2,100円で済みます。ただ、保険が効くかどうかは医師の判断による部分が大きいので、診察を受けてみないと保険が効くのかどうかは分かりません。また、淋病検査の即日検査は基本的に保険は効きません。即日検査のIC法は保険適用外の検査です。

保健所での検査

保健所では淋病検査を無料で受けることが出来ます。保健所では主に平日の9~12時の時間帯、或いは13時~15時の時間帯に性病検査を実施しています。基本検査はHIV検査ですが、保健所によっては淋病の検査を追加で実施してくれるところもあります。

ただ、保健所の検査は実施日が限られています。毎日実施している訳ではありません。実施日は月の限られた平日の限られた時間帯のみです。平日の数日のみ実施しているところが多く、土日祝が休みの方は保健所を利用するのは難しいです。また、必ずしも自分が住んでいる近くの保健所で、淋病検査を受けられる訳ではありません。

検査キットでの検査

淋病検査は、自宅で受ける事も可能です。淋病の検査キットが販売されており、忙しい人でも隙間時間を見つけて自宅でこっそり検査を受ける事が出来ます。淋病の検査キットは、病院での淋病検査の半額程度です。病院のように高い診察料がかかる事はありません。保険証が使える場合の金額には劣りますが、検査キットでの淋病検査は非常にお手頃な価格になっています。

気になる検査の信頼性についても問題はありません。検査キットは民間企業が独自に検査を実施している訳ではありません。検査自体は病院や保健所が委託している公的な専門機関である登録衛生検査所が行っています。そのため、病院や保健所と検査結果、検査精度は変わりません。また、検査方法は精度がやや劣るIC法ではなく、PCR法やSDA法を採用しているため、信頼性が高いです。その他にも、誰にもバレずこっそり検査を行う事が出来る点も人気の理由になっています。

淋病検査で気になる事

検査を受ける時期は??

男性 女性
2~3日後 2~3日後

淋病の検査を受ける時期は性行為後(感染の疑いがある行為後)2~3日経過した頃です。感染してから1~2日以内に検査を行っても、正確な結果が出ない場合があります。この期間はウインドウ期間とも呼ばれ、ある程度の期間を置く必要があります。その期間が2~3日であり、淋病検査で正確な検査結果を得るためには、感染後2~3日の期間は空けましょう。

逆に、感染の疑いがある行為を行ってしまった場合は、2~3日が経過したら、すぐにでも淋病検査を受けましょう。淋病は早く見つけ、早く治療を行う事が大切です。治療が遅くなると、完治させるまで時間がかかってしまい厄介です。

検査結果はどれぐらいで出る??

病院 保健所 検査キット
1~7日程 1~2週間程 3~4日程

淋病検査の結果を一番早く知る方法は病院の即日検査です。病院の即日検査では、淋病検査を実施したその日に結果を確認できます。ただ、即日検査は通常検査に比べると検査精度がやや劣るため、不正確な検査結果が出てしまうリスクもあります。そのため、基本的には即日検査よりも通常検査をオススメします。通常検査の場合も即日検査よりも検査結果が出るまでの時間は数日程度しか変わりません。

保健所の場合はやや検査結果が出るまでに時間がかかります。保健所は月で検査を実施している日にちが限られており、検査結果は基本的に一週間後、遅い場合は二週間後です。そのため、早く検査結果を知りたい場合は保健所はあまり向いていません。ただ、保健所によっては淋病の即日検査を実施しているところもあります。しかし、保健所の検査は予約で一杯であることが多く、検査を受けるまでの期間が大きく空いてしまう可能性も高いです。

検査キットの場合は病院や保健所のように、予約をして訪れる必要はありません。インターネットで注文し、検査キットで空いている時間帯に検査をするのみです。そのため、早く検査結果を確認することが出来ます。早ければ、検査キットを注文してから3日後には淋病の検査結果を確認できます。

検査で痛い事はしない??

淋病の検査では痛みを伴う検査はありません。昔は、男性の場合に痛みを伴う検査がありました。淋病検査では今では尿検査が主流ですが、以前は尿道口に細長い綿棒の先を入れて尿道に存在している淋菌を採取する検査が行われていました。男性の方であれば、それがどれほど痛みや不快感を伴うのか容易に想像出来ると思います。

今ではそのような検査はほとんど行われていません。ほとんどの場合が尿検査です。ただ、医師が年配の方、地方の個人クリニックの場合は今でも従来の検査方法を採用している場合もあります。心配な方は事前に検査方法を確認してみると良いでしょう。また、淋病の検査キットでは痛みや苦痛を伴うような検査方法は一切ありません。淋病検査キットは尿検査になっています。

自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー