行為から見る性病

フェラチオをした側が感染する性病

女性が男性に対しフェラチオをした場合に女性が感染する可能性が高い性病は咽頭淋病、咽頭クラミジアです。これらは性器の粘膜や分泌物である精液に病原体が多く存在してしまうので、性器から咽頭(のど)に感染して女性の咽頭淋病や咽頭クラミジアを引き起こします。そのほかにはヘルペス、梅毒、HIVなどにも感染するおそれがあります。また、男性が男性にフェラチオをした場合も同様です。

執筆:運営本部

71ad20b9789ca3bb3c7f3b20b83afc89_s-min

性器から咽頭(のど)に感染

男性の性器をフェラチオする女性側が感染する可能性が高いのが、咽頭(のど)感染による性病です。性病の病原菌は血液や体液に存在しています。体液とは精液、膣液などの事で、男性の性器から出てくる精液に感染菌が多く含まれていますので、フェラチオをする側の咽頭(のど)の粘膜から感染してしまうのです。咽頭感染による性病は咽頭淋病と咽頭クラミジアがあります。

咽頭淋病

フェラチオをした後に感染してしまう可能性が高い咽頭感染の一つが咽頭淋病です。咽頭淋病は淋菌に感染している男性の性器を口に咥え、尿道から分泌される精液が咽頭(のど)の粘膜と直接接触して感染します。そのため、口の中で精液を出された場合は感染リスクが高まります。また、仮に精液は口の中には出さなくても男性特有の我慢汁にも精液は含まれていますので、感染の可能性は多いにあります。

咽頭淋病は感染すると「のどが腫れる」「のどが痛い」「発熱や微熱がある」などの風邪に良く似た症状が出てきます。咽頭淋病は性器の淋病に比べて治療期間がやや長引きますので、少しでも早くに淋病を見つけ治療を行うことが大切です。咽頭感染の場合は、風邪と勘違いしてしまい見逃してしまうことが多いので、少しでも気になる場合は早めに検査を受けておいてください。

特に淋病は男性に多く感染者がいますので、淋病を持っている男性の性器をフェラチオしてしまうと咽頭に淋菌が感染してしまう可能性が高くなります。男性の性器を口でサービスを行う性風俗店の女性には男性側から移された淋菌に感染してしまう方が多いので、咽頭淋病には注意しておきましょう。

咽頭クラミジア

咽頭淋病とともに咽頭感染による性病がもう一つあります。それが咽頭クラミジアです。クラミジアは性感染症の中でも最も感染者数が多いので、性器にクラミジア感染症の原因菌を持っている男性は多いので注意が必要です。性器クラミジア感染症は女性に多いイメージを持っている方も多いと思いますが、男性も全体の約45%程を占めています。そのため、フェラチオをすると性器に感染しているクラミジア・トラコマチスという病原菌が咽頭(のど)に感染をおこし咽頭クラミジアを発症してしまいます。

咽頭クラミジアの症状は咽頭淋病と同じように「のどの痛み」「のどの違和感」「のどが腫れる」「発熱や微熱がある」といったように風邪と似た症状が出てきます。そのため咽頭淋病と同じように風邪だと勘違いしたまま咽頭クラミジアを放置してしまうケースも少なくありません。

咽頭感染から性器への感染へ

フェラチオをして咽頭感染を起こし咽頭淋病や咽頭クラミジアを発症させてしまうと性器にも淋菌感染症、性器クラミジア感染症を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

咽頭淋病や咽頭クラミジアの病原体である淋菌やクラミジア・トラコマチスは咽頭(のど)に感染したからといって病原菌が直接体内を移動して性器にも感染を引き起こす訳ではありません。そのため、咽頭(のど)に感染してしまったからといって自動的に性器にも感染が起こる訳ではありません。しかし、咽頭に感染してしまっている人は性器にも感染を起こしていることが多いのです。

その原因は感染菌を相手の性器へと移してしまい、その性器の菌がセックスによって自分の性器にも移ってしまうからです。不特定多数のセックスパートナーがいる場合には性器に性病が感染している人からフェラチオによって咽頭に感染を移されてしまい、その状態のまま別の男性にフェラチオをすると、その男性の性器に淋病やクラミジアを移すこととなります。その流れでセックスをすれば元々咽頭だけであった感染も性器にも感染を引き起こし、咽頭と性器両方に性感染症を持っている状態になってしまうのです。

のどに感染を起こせば、いずれ何らかの形で自分の性器にも感染を引き起こします。そうならないためにもフェラチオをして咽頭(のど)に感染してしまっている可能性がある場合には早めに咽頭感染の検査を受けておくことが大切です。また、同時に咽頭だけではなく念のためにも性器の検査も受けておきましょう。

性器から口へ感染

口唇ヘルペス

相手の性器や性器周辺に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍が見られる場合には性器ヘルペスに感染している可能性があります。性器ヘルペスは単純ヘルペスに感染することで感染部に水ぶくれなどの病変を作ります。もし、性器ヘルペスに感染している男性の性器やその周辺を口で舐めるような行為をした場合には単純ヘルペスに感染して口唇部分にヘルペスの症状が出てくる可能性があります。

単純ヘルペスは性器周辺や口唇に感染し水ぶくれような症状を引き起こしますので、フェラチオをした後4~10日程で口唇に「赤いブツブツ」「水ぶくれ」といった症状が現れた場合には口唇ヘルペスの疑いがあります。

 

梅毒

男性の性器に硬いしこりのようなものが出ている場合は梅毒に感染している可能性があります。梅毒は症状として硬いしこり、痛みのない潰瘍が出来る特徴があります。もし、梅毒に感染している男性の性器をフェラチオしてしまった場合、梅毒に感染してしまう可能性があります。梅毒は性器だけではなく口にも感染します。そのため、口周辺に硬く痛みは伴わないしこりが出てきた場合には梅毒の疑いがあります。梅毒は放置しておくと日常生活が出来ないほど進行していってしまいますので、早めに検査を受け早めに治療を受けることが大切になります。

HIV感染症の可能性

フェラチオをした事でHIV感染症(エイズ)に感染する可能性は低いです。ただ、口腔内に傷口がある場合や、フェラチオの際に歯などで性器に微細に傷をつけてしまうとHIV感染症を引き起こすエイズウイルスがそこから感染してしまう可能性はあります。HIV感染症はあらゆる性行為が感染の可能性があるとされていますので、フェラチオをした側も感染のリスクがあります。

HIV感染症は体の免疫機能が破壊されて様々な重篤な病気を招き死に至る怖い病気です。しかし、現在ではHIVに感染してもエイズ発症を抑える治療方法が確立されていますので、早期に治療を受けることで日常生活に支障を来すことはありません。HIVに感染すると代表的な症状として「全身のだるさ」「のどの痛みや違和感」「発熱」「筋肉痛」といったインフルエンザのような症状が現れます。これらの症状がある場合には念のためにHIV感染症の検査も受けておく方が良いでしょう。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー