行為から見る性病

クンニリングスをされた側が感染する性病

クンニリングスをされた側が感染する性病は主に性器クラミジア感染症と淋病です。男性の咽頭(のど)に病原体であるクラミジアや淋菌がいる場合、クンニリングスによって膣に感染をおこします。また、性器ヘルペスや梅毒もクンニリングスによって感染する性感染症です。HIVは感染する可能性はそれほど多きくはありませんが、感染するケースもありますので要注意です。

執筆:運営本部

a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s-min

咽頭(のど)から膣へ感染

性病はフェラチオをした場合やセックスをした場合のみ感染すると思っている女性も多いですが、クンニリングスをされた場合にも性感染症は感染します。男性も場合もクンニリングスによって咽頭に感染症をおこしますので、男性に咽頭から膣に病原体が移り性器の性感染症を起こすのです。

クンニリングスをされた場合に発症する性感染症の代表例が性器クラミジアと淋病です。これらは男性の咽頭にいる病原体が性器に感染することで起こります。

性器クラミジア感染症

男性に膣をなめられると、咽頭にいるクラミジア・トラコマチスというクラミジアの病原体が膣内に侵入して子宮頚管炎を引き起こします。これが性器クラミジア感染症です。

性器クラミジア感染症を発症させると「おりものが少し増える」「性行時に軽い出血がある」などの症状が見られる場合があります。ただ、女性の性器クラミジア感染症ではほとんど自覚症状はありません。全体の80%の人は自覚症状がないとも言われているように、性器クラミジア感染症になっても気づかない人も多いのです。しかし、性器クラミジア感染症を放置しておくとクラミジアが膣の奥へと侵入していき、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などを引き起こす原因となります。

淋病

クンニリングスをされると相手の咽頭から移る性病のもう一つは淋病です。淋病の病原体である淋菌もクラミジア同様に咽頭にも感染しますので、咽頭に淋菌を持つ男性にクンニリングスをされると性器に淋菌が感染し淋病を発症させることになります。

男性であればある程度淋病の症状が出やすいので感染に気付きやすいのですが、女性の場合はクラミジア同様に淋病も自覚症状が乏しく感染してしまっても気づかないケースが多いです。現れる症状としては「膿のようなおりものが増える」「おりものが臭う」「不正出血がある」「外陰部が痒くなる」などです。これらの症状が軽いこともあり気づきにくいのですが、少しでも気になる点があれば検査を受けておきましょう。淋病は性器クラミジア感染症同様に不妊症の原因となりますので、早めに治療を受ける方が良いです。

口周辺・口腔内から性器へ感染

性器ヘルペス

男性が口唇ヘルペスに感染している場合にクンニリングスをされると口唇の病変部からヘルペスウイルスが膣やその周辺に感染して性器ヘルペスを発症させてしまいます。ヘルペスは性器だけではなく口にも感染しますので、男性が口唇部に病変を持っている場合は要注意です。

性器ヘルペスを発症すると性器やその周辺に「赤いブツブツが出来る」「水ぶくれが出来る」といった外見上の症状が現れます。ヘルペスは男性よりも女性の方が症状が重くなりやすいため、患部の強い痛みや発熱を伴う場合もあります。

梅毒

昔は不治の病として恐れられていた梅毒は現在では特効薬が見つかったことで早期に治療を受ければ完治させることが出来る病気になっています。しかし、梅毒は放置しておくと日常生活を送ることが出来ないほどの症状が出る怖い病気であることに変わりはありません。そのため、梅毒は早期発見・早期治療が大事になります。

そんな梅毒もクンニリングスによって感染する可能性があります。梅毒は性器だけではなく口にも感染しますので、相手の男性の口に梅毒が感染してしまっている場合はクンニリングスにより病変部から梅毒の菌が膣の粘膜部から感染し梅毒を発症させてしまいます。

梅毒を発症すると初期段階では「硬いしこり」の症状が現れます。感染部位に痛みを伴わない硬いしこりが出来ます。これを放置しておくとしこりが自然と消えますが、第二段階に梅毒が進行することで全身にバラ疹と呼ばれる梅毒特有の症状が現れます。その後も放置すれば第三段階で皮下組織に大きなしこりが現れ、末期段階になると心臓、血管、神経、目などに重い障害が出てきます。

梅毒は特効薬のペニシリンの登場によって第三段階、第四段階のような重大な被害を招くケースはなくなってきていますが、放置していると怖い病気ですので、出来るだけ早くに検査を受けて治療を行うことが重要です。

HIV感染症の可能性

クンニリングスをされることでHIV感染症を引き起こす可能性はそれほど大きくはありません。クンニリングスをされることで女性が感染する性病は淋病、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、梅毒などが主であり、HIV感染症の可能性はそれほど大きくはありません。

ただ、HIV感染症を引き起こす可能性はあります。HIV感染症はあらゆる性行為が感染の原因となります。そのためクンニリングスをされただけであってもエイズの原因となりますので、HIVの検査も定期的に受けておく方が良いでしょう。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー