知っておきたいこと

風俗で働く女性が感染する性病

風俗で働く女性は一般女性よりも性病に感染する可能性が高いので定期的に性病検査を受けて性病を早期に治すことが大切になります。風俗で男性客から移される性病を放置しておくと不妊症や子宮外妊娠などを招く原因となります。

執筆:運営本部

a685c1e4f5bbaccc33efe73fdb0698a0_s-min

風俗で働く女性は性病になりやすい

不特定多数の男性を相手にする

風俗店で働くと日常生活ではありえないほどの不特定多数の男性との性的接触を行うことになります。たとえセックスパートナーが多い女性であっても風俗店の女性が相手にする男性の数には到底及びません。風俗女性は短期間のうちに多種多様な男性を相手にすることになります。

性病は相手をする男性が多かれば多いほど感染する可能性が高まります。それほど相手をする男性が多くはない一般女性でも当たり前のように性病に感染しますので、一般女性では考えられない程の男性との性的接触をこなしていく風俗女性の場合は性病の感染率が極めて高くなってしまうのです。

性病への意識が低い男性が多い

風俗店に足しげく通う男性は性病に対する意識が低い方が多いです。もちろん稀に定期的に性病検査を受けているような性病への意識が高い方もいますが、そのような例はほとんどありません。風俗店に何度も何度も通うような方は性病への知識が浅く、ほとんど対策も行わないような方が多いので、自然とそのような男性を多く相手にする風俗女性の場合性病をもらってしまう可能性が高くなるのです。

お客さんは性病持ちが多い

風俗で働く女性が相手にする男性は性病持ちの方が多いです。なぜなら風俗店に通う男性は何度も何度も風俗に通っており、不特定多数の風俗女性と性的接触を重ねているため風俗店に行かないような男性に比べると圧倒的に性病に感染している可能性が高いのです。

一般女性の場合は相手の男性が性病を持っている可能性はそこまで高くはありません。それは必ずしも相手の男性が不特定多数の女性と性交渉を持つような人ではないからです。一方風俗女性の場合は相手にする男性であるお客さんが、明らかに不特定多数の女性との関係を持つ人が多いので必然的に性病を男性側からもらってしまう機会が多くなるのです。

風俗女性が感染しやすい性病

咽頭クラミジア・咽頭淋病

風俗女性が最も感染しやすいのが咽頭クラミジアと咽頭淋病です。どちらも男性客の性器から自分の咽頭(のど)に感染する性病です。クラミジアと淋病と聞くと性器に感染するイメージが強いですが、この性病は咽頭(のど)にも感染します。そのため、オーラルセックスを行うファッションヘルスやホテルヘルス、ピンサロのような口によるサービスのお店で働いている女性は特に注意しておかなければなりません。

クラミジアや淋病は一回のフェラチオにより感染する可能性は約30%とも言われています。クラミジアと淋病は感染力が強いため感染する可能性が高いのです。

また、どちらとも症状に気付きにくいという厄介なところがあります。咽頭クラミジアにしても咽頭淋病にしても感染して現れる症状は「喉の痛み」「喉の腫れ」「頭痛」「発熱や微熱」といった風邪とそっくりのものです。そのため、性病に感染しているとは思わずに風邪と誤解してしまうことがあります。そのため気づかずに感染を放置してしまっている人も少なくありません。放置しておくと咽頭がんを招く恐れもありますので、定期的に検査を受けておくようにしましょう。

性器クラミジア感染症

女性に多い性感染症の性器クラミジアにも注意しましょう。性器クラミジアは女性に多いため男性から感染されることは少ないと思っている方も多いですが、全体に占める男性の割合は40%以上ありますので、それほど女性に偏っているということはありません。

そのため男性客からクラミジアを性器に移される可能性があります。風俗女性が男性客かlらクラミジアを性器に移される可能性がある行為は主にノースキンによる素股行為、クンニリングスです。性器クラミジアは本番行為があるソープ以外では感染の可能性は無いと思ってはいけません。ゴム無しであれば素股行為でも感染しますし、クンニリングスでも男性客の咽頭(のど)から膣へと感染します。

性器クラミジア感染症は感染してしまってもほとんど自覚症状がないので感染に気付かずに放置してしまうケースが少なくありません。症状としてはおりものの増加や軽い不正出血が見られる場合もありますが、感染者の約80%は自覚症状はありません。

性器クラミジア感染症はそのまま放置しておくと感染菌が子宮の奥へとどんどん侵入していき子宮頚管炎以外に子宮内膜炎、卵管炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎などを引き起こし不妊症や子宮外妊娠、早産、流産などの原因となります。そのため、定期的に検査を受けておき、感染の場合は早期に治療を受けるようにしましょう。

淋病

性器クラミジア感染症同様にノースキンでの素股行為やクンニリングスによって感染する可能性があるのが淋病です。淋病は性器クラミジア感染症に次いで感染者が多い性病です。主に男性の感染者が多いため不特定多数の男性と性的接触を行う風俗女性の場合、男性客から淋病をもらってしまう可能性が高まります。

淋病は性器クラミジア感染症に比べると症状も現れやすいと言われていますが、それでも感染者の多くは自覚症状がないのが現実です。そのため性器クラミジア感染症同様に淋病の感染に気付かずに放置してしまい感染菌の進行が進み”子宮頚管炎→子宮内膜炎→骨盤内感染→腹膜炎・肝周囲炎”といったようにどんどん感染による炎症が広がっていき不妊症や子宮外妊娠を招く恐れがあります。

HIV感染症

風俗女性はHIV(エイズウイルス)に感染する可能性が高いです。不特定多数の男性を相手にすることも感染率が高くなる理由ですが、もっと大きな理由はクラミジアや淋病に感染してしまっている可能性が高いです。

HIVはクラミジアや淋病に感染しているほど感染率が高くなります。その感染率は通常の2~4倍程と言われています。風俗女性は感染力が強いクラミジアや淋病に感染してしまっている可能性が高いので、自然とHIVに感染する可能性も一般女性よりも格段に上がってしまうのです。

HIVはコンドーム無しの本番行為で感染する可能性が高まります。一方その他の行為では感染する可能性は低いです。そのためゴム装着が義務付けられているソープランド、本番行為自体が禁止されているヘルスやオナクラで働く風俗女性はHIVに感染することはまずないと思っている人も多いようです。しかし、HIVは本番行為だけではなくオーラルセックスでも感染する可能性があります。

そのため本番行為時にはゴムを付けている或いは本番行為自体が無いというお店で働いている場合にもHIVの感染の可能性はあります。ですので、定期的にHIV検査も必ず受けておくようにしましょう。HIVは早期に治療を行うことで日常生活に支障をきたすことないようにエイズウイルスの増殖を抑えることが出来ます。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー