性病検査

クラミジアの検査はいつから受けられる??

クラミジア検査はいつぐらいから受けたら良いのか。基本的に性行為から2~3日経過したぐらいに受けるのが良いです。性行為当日や翌日では感染していても間違って陰性が出てしまう可能性があります。正しい検査結果を得るためには2~3日という期間を置くことが必要です。

執筆:運営本部

4f6a4323819d30cc6d35214dd0097976_s-min

クラミジアの検査時期はいつ??

性行為当日は受けても意味が無い

感染の疑いがある性行為をしてしまった場合、すぐにでも検査を受けたいと思うのが普通の事です。コンドームを装着さず性行為をしてしまったり、オーラルセックスをしてしまったなどの場合、相手がクラミジア感染者である場合はクラミジアに感染している可能性が高いです。クラミジアは感染力が非常に強い細菌です。そのため、感染者との性行為によって感染する確率は50%程と言われています。

ただ、性行為当日にクラミジア検査を受ける事は出来ません。なぜなら、性行為当日に検査を受けても、クラミジア菌を正確に検出出来ないからです。クラミジア菌を正確に検出出来るようになるには、ある程度の期間が必要です。性行為当日或いは翌日ではクラミジア菌を上手く検出出来ないため、感染しているのに陰性反応が出てしまう可能性が高いです。そのため、感染の疑いがあっても、その当日或いは翌日に検査を受けるのは控えておきましょう。無駄に検査費用がかかりますし、感染を見落としてしまう可能性があります。

抗原検査であれば2日~3日後に検査出来る

クラミジア検査は抗体検査と抗原検査があります。抗体検査とは、クラミジア感染によって、免疫反応によって体内に出来る抗体を調べる検査です。簡単に言うと、間接的にクラミジアの感染を調べる検査です。抗原検査とは、クラミジア菌そのものを調べる検査です。抗体検査とは異なり直接的にクラミジアを調べる検査です。

抗原検査は抗体検査と違ってクラミジア菌を直接調べるため、すぐに検査を受ける事が可能です。すぐにと言っても性行為の当日、翌日ではありませんが、性行為から2、3日経過していれば正確な検査結果を出すことが出来ます。

抗原検査は、男性の場合は尿道の粘膜にクラミジアが存在しているかどうかを調べるために尿検査を実施します。女性の場合は子宮頚管の粘膜にクラミジアが存在しているかどうかを調べるためにおりもの検査を実施します。検査結果は大体1週間前後で確認できます。

抗体検査の場合は3カ月程かかる

クラミジアを直接調べる抗原検査と違って、クラミジア感染によって体内に出来るクラミジア抗体を調べる抗体検査では、検査を受けるまでに時間がかかります。抗体検査の場合は感染後、3カ月程経過していないと正確な検査結果を出すことは出来ません。そのため、性行為から3カ月以内に抗体検査を実施しても、正確な結果は出ません。

抗体検査は血液中にクラミジア抗体が出来ているかどうかを調べるため、血液検査を実施します。抗体検査である血液検査は検査を受けるまでの必要な期間が長いため、基本的にクラミジア感染を調べる場合は血液検査ではなく抗原検査である尿検査、オリモノ検査が実施されます。

ただ、抗体検査は過去のクラミジアの感染の有無も調べることが出来ます。クラミジアの抗体は過去に一度でも感染していると血液中に存在するため、今の感染だけではなく過去の感染も調べることが出来るのです。そのため、過去に感染していたかどうかを調べる際に抗体検査である血液検査が実施される場合もあります。

クラミジア検査は2~3日経過してから受けよう

クラミジア検査は抗原検査が主流です。一般的に今現在クラミジアに感染しているかどうかを調べる場合は抗原検査である尿検査、おりもの検査が実施されます。抗原検査の場合は感染後、2~3日程経過していれば正確な検査結果を出すことが出来ます。

一方で性行為当日や翌日の検査では感染後すぐのため、正確な検査結果が出ないことが多いです。本当は感染しているのに陰性反応が出てしまう心配があります。そのような偽陰性を防ぐためにも、性行為後すぐに検査を受けるのではなく、2~3日程期間を置いてから検査を受けることが大切です。2~3日経過していれば、偽陰性の心配が少なくなります。

また、抗体検査の場合は3カ月程の期間が必要です。抗体検査は正確な検査結果が出るまで時間がかなりかかります。そのため、今現在感染しているかどうかを調べる場合は抗体検査を受けるために3カ月も待つ必要はありません。抗体検査ではなく、早くに検査を受けられる抗原検査を受けましょう。また、抗体検査は過去のクラミジア感染を調べることが出来る一方、陽性反応の正体は過去のクラミジア感染なのか、今のクラミジア感染なのかわからないという弱点もあります。

そのため、「クラミジア検査をいつ受けたら良いのか??」という疑問の答えは、「性行為から2~3日程経ってから抗原検査(尿検査・おりもの検査)を受けるのが良い」という事になります。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー