性病・性感染症

女性に見られるクラミジアの初期症状

女性がクラミジアに感染すると、初期症状として「おりものの変化」が見られるようになります。クラミジアはまず子宮頚管に炎症を起こし、おりものの増加やおりものの色の変化や粘着度の変化をもたらします。また、子宮頚管炎は自覚症状が乏しい場合も多いため、初期段階ではクラミジア感染に気付かない女性も多いです。

執筆:運営本部

7f8977b43002c03156226c0eb7240f70_s-min

クラミジアの初期症状【女性】

初期症状は感染後1~3週間で表れる

女性がクラミジアに感染すると、1~3週間の潜伏期間を経て初期症状が現れるようになります。クラミジアには症状が発症するまで、クラミジア菌が体内で潜伏している期間があるため、感染後すぐに症状が出るわけではありません。

感染の疑いがある行為(セックス、オーラルセックス等)を経て、早い人であれば1週間程で、遅い人であれば3週間程で症状が現れます。ただ、感染して症状が現れるまでの期間には個人差があるため、3週間以上経った頃にようやく症状が現れるという場合もあります。

子宮頚管炎の症状が出てくる

  • おりものが増える
  • 膿性のおりものが出てくる
  • 白色或いは薄い黄色のおりものが出てくる
  • おりものから嫌な臭いがする

クラミジアの初期症状はおりものの変化です。クラミジアの菌であるクラミジア・トラコマチスは性行為を経て、男性の尿道口から女性の膣へと侵入します。膣内へ侵入したクラミジアは子宮の入り口(膣の一番奥)にある子宮頚管に感染します。そして、子宮頚管に感染し子宮頚管炎を引き起こすのです。

子宮頚管部には膣分泌物を出している頸管腺が存在します。そこに細菌であるクラミジアが感染し炎症が起こる事で、「おりものが増える」「膿性のおりものが出る」「白色や薄い黄色のおりものが出る」「おりものの臭い」といったおりものの変化という症状が現れます。

下腹部痛や発熱を伴うこともある

  • 下腹部の不快感
  • 下腹部痛
  • 発熱
  • 腰痛
  • 不正出血

クラミジアの初期症状は主におりものの変化です。クラミジアが最初に感染する子宮頚管で炎症が起こり、子宮頚管炎によるおりものの変化が初期症状です。

しかし、性行為によって膣内に侵入してきたクラミジアの量が多かった場合には子宮内膜にも炎症が広がる場合があります。クラミジアは感染後、まず子宮頚管に炎症を起こします。その後、徐々に体の奥へと進行し、子宮内膜や子宮付属器(卵管や卵巣)、骨盤腹膜、肝周囲にも炎症を広げていく可能性があります。もし、クラミジアの量が多いと最初から子宮頚管以外に子宮内膜にも感染が広がり子宮内膜炎を起こす場合があります。

子宮内膜炎は「下腹部の不快感」「下腹部痛」「発熱」を伴います。また「腰痛」や「不正出血」を伴うこともあります。

女性の約8割は自覚症状無し

クラミジアに感染すると、初期の症状として子宮頚管炎による「おりものの変化」、又は子宮内膜炎による「下腹部痛」「発熱」を伴う場合があります。しかし、これらの症状が必ずしも現れるとは限りません。

女性の場合、クラミジアに感染しても自覚症状が無いケースが多いのです。なんと全体の約8割の人が自覚症状が無いのです。つまり、初期の段階ではクラミジア感染に気付くような症状が現れず、知らず知らずの内にクラミジアが進行してしまう可能性があります。クラミジアは初期段階では子宮頚管炎に留まりますが、子宮頚管炎は症状を自覚しづらいのが特長です。そして、感染に気付かず子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎、骨盤腹膜炎へと進行していってしまう危険性があります。

クラミジアの症状の進み方【女性】

病名 症状
子宮頚管炎 おりものが増える、膿性のおりものが出る、白色・薄い黄色のおりものが出る、おりものの嫌な臭い
子宮内膜炎 下腹部の不快感、下腹部痛、発熱、膿性のおりもの、悪臭のおりもの、褐色のおりもの、不正出血
子宮付属器炎 下腹部痛、発熱、気分不快、嘔吐
骨盤腹膜炎 下腹部痛、お腹の張り、悪寒を伴う発熱・吐き気、黄色・黄緑色のおりもの、悪臭のおりもの、不正出血
肝周囲炎 激しい上腹部の痛み

クラミジアは感染後、まず子宮頚管炎を引き起こします。徐々に子宮内に侵入し子宮内膜炎を起こし、卵管や卵巣まで侵入すると子宮付属器炎(卵管炎、卵巣炎)を引き起こし、さらにお腹の中に広がっていくと骨盤腹膜炎、さらに肝臓表面まで達すると肝周囲炎を発症させます。肝周囲炎を発症させると救急車で運ばれるほどの激しい腹痛に見舞われる場合があります。

子宮内膜、子宮付属器などに感染が広がっていく

このように、クラミジアは感染後「子宮頚管炎→子宮内膜炎→子宮付属器炎→骨盤腹膜炎→肝周囲炎」のように進行していきます。もちろん、必ずしも感染が広がって進行していく訳ではありません。途中でクラミジアが治ってしまうこともあるため、必ずしも放置していれば肝周囲炎にまで至るというわけではありません。

また、クラミジア感染後の初期段階では子宮頚管炎のおりものの変化が代表的ですが、初期段階で子宮内膜炎の症状が出ることもあります。そのため、クラミジアの初期症状としては、「おりものの変化」以外にも「下腹部の不快感」や「発熱」などの症状に注意しておきましょう。

早期に検査を受けることが大切

感染の疑いがある行為から1週間から3週間以上経って、これらの症状が現れた場合はクラミジア感染の疑いがあるため、早期に検査を受けましょう。女性の場合、クラミジア感染が広がっていくと将来の不妊の原因となります。また、クラミジアに感染しているとHIVの感染リスクも高まってしまいます。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー