性病・性感染症

膿が出ない場合でもクラミジアの可能性はある??

クラミジアの代表的な症状に「尿道口から膿が出る」という症状があります。そのため尿道から膿が出ない場合はクラミジア感染かどうか迷ってしまう事も多いですが、クラミジアは無症状であることも多いので、膿が出ていないからと言って安心は出来ません。膿が出ていなくともクラミジアに感染している可能性は決して低くはありません。

執筆:運営本部

3535ec50dd52c46aefcd648e387669fc_s-min

クラミジアは無症状である事が多い

男性の場合、クラミジアに感染すると非淋菌性尿道炎(クラミジア性尿道炎)を発症し、尿道口(性器の先っぽ)から「膿が出る」という症状が現れます。膿はほぼ透明なものから白っぽいものまで個人差がありますが、比較的色は薄く、サラサラした膿が出てくるのが特徴的です。

そのため、男性がクラミジアに感染しているのかどうか判断する上で尿道口から膿が出ているのかどうかを見分けることが、クラミジアに感染しているかどうかを見分ける上で重要になってきます。もし、尿道口から透明に近い膿が出ているようであれば、クラミジアに感染している可能性があります。また、少なくとも何らかの細菌感染によって尿道炎を発症させてしまっている可能性は極めて高いです。

ただ、膿が出ていないからと言ってクラミジア感染を起こしていないと判断することは出来ません。クラミジアは、膿が出ている事を自覚症状として持つ人よりも無症状で自覚症状が無い人の方が多い性病です。そのため、膿が出ていないからといってクラミジアではないと安心は出来ません。

膿が出ていない場合のクラミジア感染の可能性

膿以外にも症状が全くない

膿以外にも、性器に関して全く症状が無い場合はクラミジアに感染している可能性はそこまで高くはありません。ただ、クラミジア感染者の約半数以上は無症状です。そのため、膿以外にもクラミジア感染による症状が全く見られないからと言って安心は出来ません。全く症状が見られない場合でもクラミジアに感染している可能性は多いにあります。

男性の場合、淋菌に感染していると「尿道口から膿が出る」「排尿時に痛む」「おしっこがしみる」といった症状が強く現れやすいですが、クラミジアの場合は症状が軽かったり、自覚出来にくかったりします。そのため、クラミジアの症状があっても、程度が非常に軽いために、見逃してしまう場合も多いです。もし、過去にクラミジアに感染してしまうような行為をしてしまい、クラミジア感染の不安がある場合は念のために、検査を受けておく方が良いでしょう。

膿以外にクラミジアの症状がある

  • 尿道の痒み
  • 尿道の不快感
  • 尿道口の赤み
  • 排尿時の痛み
  • おしっこがしみる

クラミジアに感染している場合、「尿道口から膿が出る」という症状以外にも「尿道の痒みや不快感」「尿道口が赤くなっている」「おしっこがしみる」「排尿時に痛む」などの症状が現れます。これらの症状はいずれも、クラミジア感染による尿道炎の症状として現れるものです。

もし、尿道口から膿が出ていなくとも、尿道の不快感や排尿時の違和感がある場合はクラミジア感染の可能性があります。また、これらの症状は尿道にクラミジアを始め何らかの細菌が入り込み、尿道に炎症が起こる事で発症します。そのため、性感染症以外の雑菌感染による尿道炎の症状の可能性もありますが、大部分は性行為による性感染症(クラミジアや淋菌、カンジダ等)による症状です。

膿が出る症状がなくとも、尿道炎の症状である「排尿時の痛み」「尿道の痒みや不快感」といった症状が見られる場合は、クラミジアを始め性感染症に感染している可能性が高いので、少しでも早く検査を受けておく方が良いでしょう。

症状が治まっても安心はできない

排尿時の痛みや尿道の不快感などの症状が治まってきた場合、なんともなくてよかったと安心する人が多いですが、クラミジア感染である場合は注意が必要です。クラミジア感染は一定期間を過ぎると症状が治まってしまう場合があります。それはクラミジアが自然治癒したのではなく、単に尿道炎による症状が隠れただけです。

いずれ、その隠れた尿道炎の症状がぶり返してくる可能性があります。また、この症状が隠れている期間の内に、クラミジアが尿道から奥へと進み、前立腺や副睾丸に感染を広げて前立腺炎や副睾丸炎(精巣上体炎)を発症させる可能性もあります。そのため、症状が一時的に治まったからといって安心は出来ません。クラミジア感染の可能性がある行為をしてしまった場合はクラミジア感染が体の奥へと進行していってしまう前に検査を受けておくことが大切です。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー