性病・性感染症

クラミジアは自然治癒する?放置しているとどうなる?

クラミジアは自然治癒するのかどうかは今現在のところはっきりしていないのが現実です。海外の研究では何割かの人は自然治癒したというデータもある一方、日本国内の医療業界では、クラミジアは自然治癒しないというのが一般的な認識になっています。ただ、放置すると男女ともに感染が広がってしまう恐れがあるため、放置せず早期に治療を受けておく方が良いです。

執筆:運営本部

70c109ad9236e9d9cda37c79e43d1be6_s-min

クラミジアは自然治癒するのか

自然治癒するという研究データがある

アメリカの研究による自然治癒率
1年後 2年後 3年後 4年後
54% 83% 91% 95%

アメリカで行われたクラミジアに関する研究では、未治療のクラミジアが1年後には54%の人が、4年後には95%の人が自然治癒したというデータが報告されています。クラミジアは自然治癒するのか、自然治癒しないという意見が多いですが、自然治癒するというデータを示す研究が、このように存在するのです。

ただ、この研究の対象者は全て女性です。参加者はわずか82名です。そのため、完全に信頼できる研究データであるかどうかは疑問が残ります。しかし、この研究データからクラミジアは自然治癒する可能性があるというのは明らかです。クラミジアは全く自然治癒しないものではなく、場合によっては自然治癒する事もあると考えるのが自然でしょう。

日本では自然治癒しないという意見が優勢

クラミジアは海外の研究では自然治癒したという報告がなされている一方、日本では自然治癒したという研究データは報告されていません。そのため、日本ではクラミジアは自然治癒しないというのが一般的な認識になっています。

日本の医師もクラミジアは自然治癒するのものではなく、薬によって治療が必要なもので、クラミジアを放置するとクラミジアの感染の危険性があるという考え方が一般的です。

治療を受けている人はごく一部に過ぎない

推定感染者数 感染者報告数
約100万人 約2.5万人

クラミジアの感染者は日本国内に総勢100万人いると言われています。しかし、実際に病院を訪れクラミジアの陽性反応が出た人の報告数は僅かに2.5万人(2015年度)ほどです。推定感染者の大部分が病院を訪れる事なく、クラミジアを抱えている状態になります。

日本ではクラミジアは自然治癒することはないというのが一般的な認識ですが、推定感染者数と病院を訪れた人の数を比較してみると大きな開きがあります。そのため、全てのクラミジアが自然治癒は全くしないと考えるのは不自然です。むしろ、クラミジアは全ては自然治癒するものではないけれど、全体の何割かは自然治癒する可能性が高いと考える方が自然です。

他の病気の薬で治ってしまう可能性もある

クラミジアを治療する場合、抗生物質を服用します。クラミジアを治療する場合は複数回服用するタイプの薬と一回のみの服用で済むタイプの薬がありますが、いずれも抗生物質です。

風邪を引いた場合、風邪の原因ウイルスをやっつけるために抗生物質を処方されることが多いですが、この風邪薬によってクラミジアが治ってしまう可能性もあります。また、歯医者で処方される抗生物質も同様にクラミジアを治してしまう可能性があります。このように、他の病気の治療によって処方された薬で、知らないうちにクラミジアが治ってしまう可能性もあるようです。

クラミジアを放置するとどうなるのか

自然治癒する可能性はゼロではない

クラミジアは放置しても、自然に治ってしまう可能性はゼロではありません。日本の医師はクラミジアの自然治癒の可能性はゼロと主張する人が多いですが、海外の研究データや日本の感染者数と病院を訪れた実際の数を比較してみると、自然治癒しないというのは不自然です。そのため、クラミジアは放置しても、自然に治ってしまう可能性はゼロとは言えません。

もちろん、クラミジアは放置しても良いと言っているわけではありません。クラミジアである可能性があるなら、少しでも早く検査を受けて治療を行うべきです。

男性の場合は悪化すると、前立腺炎や副睾丸炎になる可能性がある

尿道炎 前立腺炎 副睾丸炎
尿道口から膿が出る、排尿時の痛み、おしっこがしみる、尿道の痒み・不快感 下腹部の痛み、排尿時の痛み、頻尿、残尿感、発熱 高熱、悪寒、陰嚢の痛み、陰嚢の腫れや赤み、下腹部の痛み、太ももの付け根の痛み

男性の場合、クラミジアに感染すると尿道炎を発症させます。クラミジアは尿道口から侵入し尿道の粘膜に感染するため、まず尿道炎の症状が現れます。もちろん、クラミジアによる尿道炎の症状は軽度であるため、クラミジアであることに気付かない人は多いです。男性の場合約半数の人はクラミジアの自覚症状が無いため、クラミジア感染であることに気付きません。

そのまま、クラミジアを放置していると、クラミジアは尿道の奥にある前立腺に炎症を起こします。前立腺炎になると、「下腹部の痛み」「排尿時の痛み」「頻尿・残尿感」「発熱」などの症状が現れます。クラミジアは通常は尿道炎の場合、抗生物質を服用し1~2週間程で治療が可能ですが、前立腺炎の場合は2~4週間程、場合によっては数カ月の長期にわたる治療が必要になってきます。

前立腺から、さらにクラミジアが進行すると副睾丸に炎症が起こります。副睾丸炎になると「金玉の部分にあたる陰嚢の腫れや痛み」「下腹部の痛み」「悪寒を伴う高熱」「太ももの付け根の痛み」などの症状が現れます。副睾丸炎は陰嚢の腫れを伴う場合は、腫れが引くのに最低でも1カ月はかかります。

このように、男性の場合は尿道炎から始まり、放置しておくことで前立腺炎、副睾丸炎を発症させてしまうリスクがあります。もちろん、必ずしもクラミジアの進行し、前立腺や副睾丸に感染が広がる訳ではありません。しかし、放置することで感染が広がっていく可能性があるため、短期間で治療を済ませられる早い段階から検査をし、治療を済ませてしまうのが賢明です。

女性の場合は悪化すると、子宮内膜炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎になる可能性がある

子宮頚管炎 子宮内膜炎 子宮付属器炎 骨盤腹膜炎
おりものの増加、膿性のおりものが出る、おりももの悪臭、不正出血、下腹部痛 下腹部痛、下腹部の不快感、発熱・微熱、不正出血、膿性のおりもの 下腹部痛、発熱、気分不快、嘔吐、膿性のおりもの 強い下腹部痛、悪寒を伴う発熱、吐き気、膿性のおりもの

女性の場合、クラミジアに感染すると子宮頚管炎を発症させます。膣内に侵入したクラミジアは最初は子宮の入り口にある子宮頚管に感染します。そこで子宮頚管炎を発症させ、おりものに関する症状が現れます。もちろん、おりものの自覚症状が無い場合も多いです。女性の場合、クラミジアに感染しても自覚症状が無い人は約8割にものぼります。そのため、クラミジア感染後、多くの女性がクラミジアの自覚症状がなく、クラミジア感染に気付かない場合がほとんどです。

もし、クラミジア感染に気付かずクラミジアを放置していると、クラミジアは子宮内に侵入し子宮内膜炎を発症させます。子宮内膜炎になると「下腹部痛」「下腹部の不快感」「発熱・微熱」「不正出血」などの症状が現れます。

さらにクラミジアの感染が進むと卵管や卵巣にクラミジア感染が起こり、卵管炎や卵巣炎と呼ばれる子宮付属器炎を発症させます。子宮付属器炎は症状として「下腹部痛」「発熱」「嘔吐」「気分不快」などが現れます。卵管で癒着が起こると卵管障害により不妊症になってしまう可能性があります。また、卵巣炎によって卵子の質が低下してしまうリスクもあります。

骨盤腹膜までクラミジア感染が広がると激しい下腹部の痛みに襲われる場合があります。骨盤腹膜炎の症状が強いと、救急車で運ばれるような激しい下腹部痛が現れる場合があるのです。

このように、女性がクラミジアを放置すると子宮頚管炎から子宮内膜炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎へと発展してしまう可能性があります。また、女性の場合はクラミジア感染による不妊症のリスクが高いです。特に卵管が癒着することで、精子と卵子が卵管で出会い受精することが出来ない卵管障害由来の不妊症の大部分はクラミジア感染が原因です。

そのため、女性は不妊症に発展しないように、早期にクラミジア検査を受け、早い段階でクラミジアを治療しておくことが大切です。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー