性病・性感染症

男性に見られるクラミジアの初期症状

男性がクラミジアに感染すると、初期症状として尿道炎(非淋菌性尿道炎)の症状が現れます。主に「膿が出る」「尿道の痒みや不快感」「おしっこの時の痛み」などです。また、クラミジア感染による尿道炎は症状が軽いため、初期症状に気付かない場合も珍しくありません。

執筆:運営本部

3b05d55a357fbe791a7ff733e4bc0f72_s-min

クラミジアの初期症状【男性】

早ければ初期症状は1週間程で表れる

感染の疑いがある行為(セックス、オーラルセックス、その他類似行為)を行ってから、クラミジアの初期症状が現れるまでの期間は大体1週間~3週間程です。早い人の場合は1週間程で初期症状が現れます。また、遅い人の場合は初期症状が現れるまで3週間以上かかる場合もあります。

いずれにせよ、クラミジアの初期症状は感染後すぐに表れるわけではありません。クラミジアに感染しても、必ず潜伏期間という期間があります。クラミジアは感染後すぐに症状を発症させるわけではなく、体内で静かに潜んでいる期間が存在します。それが潜伏期間です。そのため、初期症状が現れるのは早くても感染から1週間前後です。

初期症状は尿道炎の症状

  • 尿道から膿っぽいものが出る
  • 水っぽい或いは白っぽい膿が出る
  • 排尿時の軽い痛み
  • おしっこがしみる
  • 尿道の痒み
  • 尿道の不快感
  • 尿道口の赤み

男性がクラミジアに感染した場合、非淋菌性尿道炎を発症します。クラミジアの菌であるクラミジア・トラコマチスは女性の膣から男性の尿道に侵入します。侵入してきたクラミジアは尿道の粘膜に感染し、尿道炎を発症させます。そのため、男性がクラミジアに感染した場合の初期症状は尿道炎による「膿が出る」「排尿時の痛み」「おしっこがしみる」「尿道の痒みや不快感」「尿道口の赤み」などです。

クラミジアによって発症する尿道炎は、淋菌によって発症する尿道炎と区別され非淋菌性尿道炎と呼ばれます。非淋菌性尿道炎は淋菌性尿道炎に比べて症状は軽めです。淋菌感染による症状では、粘りがあり色も黄緑色と濃い膿が特徴的ですが、クラミジア感染による症状では、わりとサラサラした透明に近い膿である特徴があります。

また、淋菌感染による尿道の痒みや排尿時の痛みは、はっきりしている一方、クラミジア感染による尿道の痒みや排尿時の痛みは軽めです。

頻尿、下腹部の不快感を伴う場合もある

  • 頻尿
  • 残尿感
  • 下腹部の痛み
  • 下腹部の不快感
  • 性器周辺の不快感

クラミジアに感染して最初に現れる症状は尿道炎による尿道の症状です。「膿が出る」「おしっこの時の痛み」「尿道の痒み」などが代表的な初期症状です。しかし、場合によっては前立腺炎による「頻尿」「残尿感」「下腹部痛」を伴う場合もあります。

男性がクラミジアに感染すると、尿道感染が起こり、尿道炎を発症させます。もし、この時にクラミジアの進行が早いと、クラミジアは尿道の奥にある前立腺にも早い段階で感染を広げてしまいます。そのため、初期段階であっても前立腺が炎症を起こし前立腺炎による症状を伴う場合があるのです。

男性の約半分が症状に気付かない

クラミジアに感染しても、男性の約半数の人は症状に気付きません。クラミジアの初期症状である非淋菌性尿道炎は症状が軽いのが特徴的です。淋菌感染による淋菌性尿道炎が、わりとはっきり症状が出るのに対し、非淋菌性尿道炎は症状がぼんやりしています。

クラミジアの特徴である膿も、水っぽく透明であることが多く、膿が出ていることに気付かないケースが多いのです。また、尿道の痒みや排尿時の痛みもそれほどはっきりしていないケースが多く、こちらの症状にも気づかないことも珍しくありません。そのため、感染している事に初期段階で気づかず、クラミジアが尿道から前立腺へ、さらに精巣上体(副睾丸)へと感染が広がってしまう可能性があります。

クラミジア感染の場合、尿道炎の段階であれば抗生物質の薬を1~2週間程服用することで治りますが、前立腺や副睾丸まで感染が広がってしまいと治療が長期化してしまう可能性があります。

クラミジアの症状の進み方【男性】

病名 症状
尿道炎 水っぽい膿が出る、軽い排尿時の痛み、おしっこがしみる、尿道の痒み・不快感、尿道口の赤み
前立腺炎 頻尿、残尿感、下腹部の痛み・不快感、排尿痛、排尿困難、性器周辺の不快感
精巣上体炎 陰嚢部痛(金玉の痛み)、陰嚢の腫れ、しこりの出現、高熱、悪寒、鼠径部(太ももの付け根)の痛み

男性がクラミジアに感染すると最初に発症するのは尿道炎です。そのため、初期症状としては「水っぽい膿が出る」」「排尿時の痛み」「尿道の痒み」「尿道口の赤み」などが見られます。ただ、クラミジア感染による尿道炎は比較的症状が軽いため、初期症状として自覚症状が無いという場合も珍しくありません。

尿道炎の次は前立腺炎

クラミジアは尿道感染を経て、尿道の一番奥にある前立腺に感染します。前立腺とは、精子に栄養を与えて成熟させる臓器です。この臓器にクラミジアが感染し、前立腺炎を発症させます。前立腺炎になると、「頻尿」「残尿感」「下腹部の痛み」「排尿困難」といった症状が現れるようになります。

前立腺炎の次は精巣上体炎

前立腺から精巣上体に感染が広がると精巣上体炎を発症します。尿道炎を発症させると、その約5%の人が精巣上体炎を発症させると言われています。精巣上体とは副睾丸の事です。副睾丸とは精巣(睾丸)に付属する器官で、睾丸で作られた精子を蓄えて成熟させる役割を担っています。

この精巣上体に炎症が起こると、「陰嚢の痛み」「陰嚢の腫れ」「陰嚢にしこりが出来る」「38度以上の高熱」「悪寒」などの症状が見られるようになります。また、精巣上体炎が重症化すると、陰嚢の皮膚が赤くなったり、陰嚢が硬く腫れあがるなどの症状が出る場合があります。

クラミジア感染が広がる前に早期検査が大切

クラミジア感染は尿道炎に始まり、前立腺炎、精巣上体炎と感染が広がっていきます。クラミジアが体の奥へどんどん進行していくにつれて治療期間も長期化していきます。また、クラミジア感染は男性不妊症の原因にもなると言われています。

クラミジアによる男性不妊症、クラミジアの進行を防ぐためにも、感染の疑いがある行為をしてしまった場合は少しでも早くに検査を受けることが大切です。早期にクラミジアを発見できれば、抗生物質を服用することで1~2週間程でクラミジアを完治させることが出来ます。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー