症状から見る性病

恥垢(チンカス)の原因と性病の可能性

悪臭の原因となり、見た目にも悪い恥赤(チンカス)の原因は汗や精液・我慢汁といった体液です。それらが乾燥して固まることでチンカスとなります。そのため、不衛生な状態の方程チンカスが多く出やすいです。また、チンカスの原因が性病であるカンジダ症の可能性もあります。

執筆:運営本部

1dbdbb16d0eda5b8fbec40820fc78c45_s-min

恥垢(チンカス)とは

恥垢は正式には”ちこう”と読みます。しかし、俗称で男性の場合にはチンカスと呼ばれる事が多いです。恥垢(チンカス)とは、亀頭周辺やカリの中心に見られる白い垢であり、白いカスの事です。

恥垢(チンカス)は尿、精液、我慢汁、汗といった体液が乾燥して固まったもので、包皮の内側に溜まりやすい特徴があります。特に仮性包茎の方は亀頭が包皮に覆われており恥垢(チンカス)が溜まりやすいため、完全露出している露出茎の方に比べると恥垢(チンカス)の悩みが出やすいですし、悪臭の原因にもなりやすいです。

恥垢(チンカス)が溜まっている状態は衛生状態が良くないため、性器カンジダ症や性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどの性感染症の温床となり様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。そのため、恥垢(チンカス)は出来るだけ浴場で洗い落とすようにして、ペニスを清潔に保つようにすることが大切になります。

恥垢(チンカス)の原因

汗や体液

ffb3dfd8e013efab201f6149ef68b556_s-min
恥垢(チンカス)の原因は汗や体液です。夏の暑い季節は汗をかきやすくなります。猛暑のような日の場合には外で立っているだけでも汗をかくことになります。額から汗が出てくるように、下着の中でも汗が出て、その汗が恥垢(チンカス)の原因となるのです。また、運動によって汗をかき、シャワーを浴びずに汗が陰部で乾いてしまうと垢が出来る原因になります。

また、精液や我慢汁も恥垢の大きな原因になります。そのため、性行為や自慰行為の後にシャワーを浴びないでいると、精液や我慢汁、汗が入り混じった恥垢(チンカス)が出てしまい強い悪臭を伴うことになります。こういった恥垢(チンカス)を防ぐためには汗をかくような運動をした場合や、射精を伴う行為を行った場合にはシャワーを浴びて、しっかり汗や体液を洗い落とすようにしましょう。

不清潔な状態

d901a548dd4251842dcc84d819051b19_s-min
夏場は汗をかきやすく恥垢(チンカス)が出来やすい時期ですが、冬場や春・秋も注意が必要です。特に冬場は寒い事から入浴を控えてしまう方も多いのではないでしょうか。夏のように汗をかくことも少ないためお風呂に少しぐらい入らなくてもいいと思って入浴・シャワーを数日おきにしていると恥垢(チンカス)が溜まりやすくなります。

また、入浴の際に陰部を十分に洗浄出来ていない方も多いです。亀頭が完全に露出している場合はあまり問題はありませんが、包皮で一部が覆われている場合には包皮を剥いて包皮との間をしっかり石鹸で綺麗に洗うことが大切になります。包皮で陰茎が隠れている場合は単純にシャワーを浴びたり、入浴するだけでは恥垢(チンカス)やその元となる尿や体液のカスを洗い落とすことが出来ません。

そのほかに入浴後に汗をかくような行為をすることも恥垢(チンカス)が出る原因となります。そのため、入浴後にベッドの上で汗をかくような行為は控えるようにしましょう。もし、入浴後に汗をかいた場合にはもう一度シャワーを浴びて汗を洗い落とす必要があります。

また、通気性の悪い下着を履いている方も要注意です。通気性が悪く下着の中が蒸れやすいと恥垢(チンカス)が増えやすいです。そのため、下着選びでは通気性の良いものを選ぶようにしてください。ボクサーパンツはトランクスに比べると通気性が悪いため、ボクサーパンツを履いている方は特に通気性の優れた素材のものを選ぶようにしましょう。

カンジダ症

3c5edd4e084c5aa2e2ecfa50715423c9_s-min
恥垢(チンカス)が出る原因が性病である可能性もあります。カンジダ症は比較的女性に多い性感染症ですが、男性のカンジダ症を発症する場合があります。男性の場合はカンジダ症により「恥垢が増える」症状が見られるのです。そのほかに「痒み」「発赤」「亀頭に小さな水泡」といった症状が挙げられます。また、場合によっては「尿道が痒い」「尿道から膿が出る」「排尿時痛」といった尿道炎の症状が出る場合もあります。

カンジダ症の原因菌は私たちの身の回りに存在している常在菌です。この常在菌は皮膚や消化管などに存在しており、通常であればカンジダ症を発症させることはありません。ただ、何らかの要因によってカンジダが増殖してしまいカンジダ症を発症させてしまうことがあるのです。女性の場合は膣内が湿っておりカンジダが増殖しやすい環境のため、女性はカンジダ症を発症しやすいです。しかし、男性の陰部は外に露出しており、乾燥しやすいためカンジダ症を発症しにくいのです。

しかし、風邪やストレス、疲労、睡眠不足、栄養不足などにより免疫力が低下してしまっていると男性であってもカンジダ症を発症させてしまう可能性が高くなります。特に体調が悪い時に性行為を行ってしまうとカンジダ症を発症させる可能性が高くなります。

もし、「恥垢が出る」以外に「陰部の痒み」「亀頭や包皮辺りが赤くなる」といった他の症状も見られる場合はカンジダ症を疑ってみる必要があります。

また、直近で性行為をしていないという人、性行為の経験が無いという人も注意が必要です。なぜならカンジダ症は性行為だけではなく、自己感染による発症も多いからです。カンジダ菌は誰もが持っている常在菌です。そのため、性行為の経験がなくとも免疫力が下がっている時に自己感染によって発症してしまう恐れがあるのです。そのため、性行為の経験が無い人も安心はできません。

恥垢(チンカス)はカンジダの可能性有り

a925132991c3e2141ded1ceae0ce8a25_s-min
恥垢(チンカス)は汗や体液(尿、精液など)が下着に付着した不衛生な状態が続くことが原因になります。そのため、恥垢(チンカス)が見られる場合には、衛生状態を確認してみましょう。汗をかいたまま寝ていないか、射精後に綺麗に精液を拭き取らず放置していないか、お風呂でしっかり洗浄出来ているか、下着の通気性が悪く蒸れていないかなどを確認してください。

不衛生な状態では恥垢(チンカス)が増え、悪臭の原因となります。そのため、まずは不衛生な状態を改善することが何より大切になります。不衛生な状態が続けば、性感染症を引き起こしたり、その他の病気を引き起こす原因になります。

また、恥垢(チンカス)が出る原因が性病の一つであるカンジダ症である可能性もあります。そのため、「恥垢」以外に「痒み」「ただれ」「小さな水泡」「発赤」といった亀頭包皮炎の症状が見られたり、「尿道の痒み」「尿道から膿が出る」「排尿時痛」などの尿道炎の症状が見られる場合には性病であるカンジダを疑ってみる必要があります。その他の性病の可能性もありますので、念のために自宅で受けられる性病検査キット(男性用)で検査を受けておくと安心です。性病は長引くとやっかいなので、早めに検査を受けておいた方が良いです。


自宅でこっそり性病検査が出来る

男性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎

女性用

検査項目

  • HIV(エイズ)
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 咽頭淋病
  • 咽頭クラミジア
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • HPV
  • 子宮頸がん
  • 自宅で簡単に検査出来る
  • 完全匿名性で誰にもばれない
  • 簡単な方法で検体を採取して郵送するのみ
  • 翌日から3日程でウェブ上で結果が分かる
  • 国指定の登録衛星検査所で検体検査が行われるため信憑性は問題無し
  • 大手メディアで多数取り上げられている安心感

GME医学検査研究所の検査キットを使用すれば誰でも自宅で手軽に、誰にもばれることなく、迅速に性病感染の有無を調べることが出来ます。検査キットの信憑性が心配されることもありますが、郵送された検体は病院や保健所が利用している国指定の登録衛生検査所という専門機関で検査される形になりますので、病院や保健所での検査結果との差はありません。性病が気になる方は出来るだけ早めに検査を行ってみてください。

カテゴリー